【FF14】最近の個人的なギャザクラ事情 クラフターその4(パッチ4.3版)

個人的なパッチ4.3クラフター事情を書いてみます。

今回はパッチ4.4実装直前の動きがテーマになります。

スポンサーリンク

最近の個人的なギャザクラ事情 クラフターその4

パッチ4.4の実装日が9月18日に決まりました。

だいたい2週間ちょっとあるので、色々と準備できることはありますね。

そしてクラフターができる準備と言えば・・・何があるだろう。

とりあえず抹茶や魔匠の薬茶などのバフアイテムですよねえ。

これは基本的に自分用にしか使わない予定なので、ぼちぼち作っていきます。

そして集中して作りたいのが蒼天素材です。

オーラムレギスインゴットなどの蒼天系素材が使われるんじゃないかと予想してみたので、これらを作ってもいいんですよね。

まだ作ってないけど。

少しは作ってもいいと思うんですけど、正直迷っているんですよね。

↑こんなふうに最新の素材でもあっても製作数の緩和が行われたりするので、蒼天系素材がもし使われるなら製作数の緩和が行われるんじゃないかと。

それに、そもそも蒼天系の素材が使われるということ自体が確定ではないですし、とりあえず素材を集めておくだけでいいかなあ。

そんなわけで、結局作っているのは黄貨用の蒐集品だったりします。

目当てはマテリアではなく食材ですね。

コウシュウ黒豚肉や団茶などの在庫を増やすために黄貨を稼いでいます。

次のパッチでは新調理品が追加されるはずですし、新素材を使う可能性も充分ありますが、これらの食材を使うケースもあり得るので、念のためですね。

抹茶用の団茶も欲しいですし、徐々に食材を増やしています。

後は黄貨を作る過程で久々に錬精用装備作りに手を出したり。

ゼルコバ系のクラフター装備と、ガゼル系のギャザラー装備を作っては錬精しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする