【FF14 予想金策】パッチ4.4の新式装備に使いそうな旧素材

偶数パッチが近づいてきたので、恒例の新式装備の素材予想をやってみます。

それではいつもの注意事項です。

予想の記事なので、実際に儲かるかどうかは分かりません。

この記事を見てアイテムを集めるかどうかは、個人の判断に委ねます。

「このサイトについて」に書いてある通り、責任は負いかねます。

ご了承ください。

スポンサーリンク

予想金策 パッチ4.4の新式装備に使われる旧素材

武器

まず武器からです。

武器は以前のパッチでは実装されないケースもあったのですが、最近はずっと実装されていますし、今回もおそらく実装されると思います。

それでは以前の新式武器のレシピを確認してみます。

・パッチ4.2

-黒柳大弓-

3ブラックウィロー材
1グレースインゴット
2マーリドレザー
3豊穣の霊砂
3眼力の霊水G3

-ナイトスチールバトルアクス-

3ナイトスチールインゴット
1グレースインゴット
2ロードナイト
3豊穣の霊砂
3活力の霊水G3

・パッチ3.4

-チークコンポジットボウ-

3チーク材
2シンチレーターインゴット
2カシミヤ織物
4鍛人のデミマテリダ
5デミクリスタル

-ヘヴィアロイ・ウォーアクス-

3ヘヴィアロイインゴット
1チーク材
1シンチレーターインゴット
2ソーリアンレザー
4鍛人のデミマテリダ
5デミクリスタル

まず、最近の傾向としては、武器のレシピに武器専用のアイテムを使うというケースがなくなりつつあるということが挙げられます。

例えばデミクリスタルは今のところ武器にしか使いませんが、霊水G2やG3は武器にも防具にも使用するので、武器だからこのアイテムを使うというわけではなくなっているのですね。

なので、武器と防具に分けて予想する意味はあまりないと思います。

防具

そのため、次は防具のレシピも見てみます。

・パッチ4.2

-トゥルーリネン・レンジャージャケット-

3真麻布
1グレースインゴット
1マーリドレザー
2トリフェーン
3悠久の霊砂
2眼力の霊水G3

-ナイトスチール・ディフェンダーアーマー-

3ナイトスチールインゴット
1真麻布
1玉糸紬
2ロードナイト
3悠久の霊砂
2活力の霊水G3

・パッチ3.4

-スタービロード・レンジャータバード-

3スタービロード
1ヘミキオンレザー
1刺繍糸
1カシミヤ織物
1ウォルフラムプレートレット
3眼力の錬金溶剤G3

-ヘヴィアロイ・ディフェンダーキュイラス-

2ヘヴィアロイインゴット
1シンチレーターインゴット
1スタービロード
2ウォルフラムプレートレット
1ゴールドインゴット
3活力の錬金溶剤G3

新式装備には何となくですが、蒼天と紅蓮のレシピを見てみるとある法則があります。

それは「最終レイド以外のパッチはその拡張パックで登場したアイテムをレシピに使用している」ということですね。

要するに、パッチ3.05やパッチ3.2の新式レシピは基本的に蒼天素材のみを使用し、パッチ4.05やパッチ4.2の新式レシピは紅蓮素材のみを使用しているということです。(もちろん例外もありますが)

ところが、パッチ3.4になると急に新生編の素材を使用するようになります。

カシミヤ織物
ウォルフラムプレートレット
ゴールドインゴット
サファイア
ルビー
アイオライト
神代木
ソーリアンレザー
ダイヤモンド
プラチナエンチャントインク
(アラクネウェブ)
(レザーワックス)

こういった新生の頃の素材を多数使用しています。

なぜパッチ3.4で急にこういった素材を使いだしたかは分かりません。

次の拡張の前にため込まれているアイテムを減らしたかったのか、最後の新式装備は通用する期間が長いので後続の金策用に旧素材を使いたかったのか、色々考えることはできそうです。

というわけで、次のパッチ4.4は最終レイドのパッチと見なして、旧素材を多用するのではないかという点から素材を予想してみます。

素材の予想

・軍票素材

カシミヤ織物を始め、先ほど載せた素材は全て軍票素材を使用しています。

軍票素材はため込みやすい素材でもあるので、今回も同様に再利用する可能性があります。

今のうちに素材と交換してもいいですし、まさかの新軍票素材が実装されると考えて軍票そのものを貯めておくのもいいですね。

↑このように軍票を別アイテムで貯めておくやり方もあります。

・詩学交換アイテム

同じようにため込みやすい素材を考えると詩学で交換できる以下のアイテムがあります。

イコンミスライト
イコンメタル
チタンカーバイド
シンチレーターナゲット
極細絹糸
イコンファイバー
イコンハイド
ヘミキオンの粗皮
ゴブリン樹脂
ゴブリンラッカー
ゴブリノール
デミクリスタル

これらは蒼天編の新式装備に使用した素材ですね。

最終レイドの新式装備は旧素材を使うという予想で話を進めていますが、それは新生編に限らず蒼天編からも引っ張ってくる可能性があります。

そんな中でため込みやすいアイテムを考えると、これらが該当するというわけですね。

また、これらから派生するイコンアロイインゴットなども対象になります。

蒼天編の素材を再利用するのはまだ早いかもしれませんが、可能性としてはあり得る話なので、余裕があれば集めておくのもいいと思います。

・紫雷水

また、旧素材ではありませんが、別の視点から素材を考えてみると紫雷水もあり得ます。

というのも、前回の新式装備ではギャザクラ装備の素材だったギラバニア式錬金薬をそのまま新式装備の材料として使用したんですよね。

そのため、紫雷水もそのまま新式装備の材料として使うんじゃないかという考え方もあります。

ただ、ギラバニア式錬金薬は黄貨と交換できるために一応量産が可能でしたが、紫雷水は基本的にナマズオ蛮族が入手先なので、黄貨の交換品として追加されない限りは可能性はやや低めなのかなあと思います。

もちろん可能性は残されているので、ナマズオ蛮族を続けてもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    最近の開発の傾向として
    新式は無制限の素材等でなるべく行き渡るようにする方針であるように見受けられるので
    今の紫雷水の産出量ではそのまま使われる可能性は低いと予想してます
    使われるとしても、製作数の増加や黄貨幣落ちなどの変更がセットなのではないかと思います

    • ハチメン より:

      やっぱり黄貨に追加されるなどがない限り紫雷水がそのまま使われる可能性は低そうですね。
      後は他に候補になりそうなアイテムがあるかなあ・・・。