【FF14】高難易度レイド体験記 その13(パッチ5.0版)

では大時化辺りからの練習だなと思ったら、なかなかここにたどり着くのが難しい。

カレントが2連続になってるんだよなあ・・・忘れるんだよなあ。

今でこそしっかり対処できるけど当時は自分も含めてよく吹っ飛ばされていた。

あとメイルシュトロームも慣れるとそうでもないんだけど、練習の時はけっこう吹っ飛ばされるんだよね。

最初にリヴァが突進したラインが安全地帯第一候補になるんだけど、頭で分かっててもこんがらがって逃げ遅れたり。

ここで半壊して大時化にたどり着かないこともあったし。

そして大時化だ。

パントクラトルを彷彿するAoEを捨てながら移動してからの安全地帯に逃げ込む。

しかしカレント2発目がすぐにやってくるので、すぐに移動!

よし頭割りだ・・・3人くらいいないな。

練習の時のここに全員揃わない率高くない?

頭割りだからどうしようもないんだよねえ。

まあでもボロボロになりながらもどうにか切り抜ける。

さあついに2回目大海嘯だ。

なんかもう何が何だか・・・。

動画でどこに移動するかは分かってるし、バフの種類も覚えたけどうまくいかない。

別パーティーで練習してみたけど、何かしらの理由で失敗してしまう。

しかし・・・。

何か違和感が・・・。

解散になったので改めてギミックを調べてみる。

・・・あっ。

断絶のやり方が2種類ある・・・。

デバフを消すために1度は必ず断絶で流される必要があるんだけど、全員が2回流されるやり方とタンクだけ流されるやり方の2つがある。

前者はamaya式と言うらしい。

えー、こっちの方が野良で主流なのか。

あの時自分以外も勘違いしていた人がいたはず。

だからなんかバラついた動きだったのか・・・。

そうして復習して再びチャレンジ。

しかし分かっていても越えられない。

拡散が暴発してタンク以外に当たる!

溺没に誰かが巻き込まれる!

早め早めに対処しようとすると逆に失敗するから、落ち着いて1つ1つこなすしかない。

そしてようやく越えたと思ったら・・・ブラックスモーカーが待っていたのであった。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする