【FF14】最近の個人的なギャザクラ事情 その1(パッチ5.1版)

やって来ましたパッチ5.1!

ニーアコラボや絶アレキなど色々なコンテンツが追加されますが、ギャザクラ勢にとって重要なのは新ギャザクラ装備。(余談だけどギャザクラの新装備も新式と呼ぶみたいなところがあるけど、どうなんだろう。戦闘用装備を新式と呼ぶのは分かるけど混同してややこしい気がする。何かいい呼び方はないかな?)

そしてイシュガルド復興。

イシュガルド復興は来週ですね。

で、それに向けて装備を作っておくのだけど、もう全部作れました。

オリジナルのスキル回しで作れるくらい簡単だったし(アラミガンとは何だったのか・・・)、白貨も素材を溜め込んでいたので錬金薬も自力調達できましたし。

防具の禁断はだいたいできたので、道具類の禁断はイシュガルド復興の最初を見て決めようかな。

というわけで今回は禁断の話。

パッチ5.1で追加されたのは主道具・副道具・と帯以外の防具。(合計31種類)

要するに帯とアクセサリ以外全部ですね。

逆に言えば帯とアクセサリはパッチ5.0のものを使います。

これを再禁断するか迷う。

当時は妥協禁断だったので、まだまだステータスアップが見込めるんですよね。

問題はパッチ5.2で帯やアクセサリの製作装備の追加があるかどうかということ。

パッチ4シリーズを元に考えれば追加されないんですけど、今回はイシュガルド復興という別の流れが出来たので同じとは限らないんですよね。

なので今禁断してもなあというのも少し。

とりあえずマテリアのストックはあるのでパッチ5.1や5.2の難易度見てから決めればいいかな。

それからもう1つ考えているのが道具類の禁断。

クラフターマテリアはまだまだあるけど、かといって16種類も禁断するほどの余裕はないです。

まあこれも1つ考えていることがあって、1クラスだけフル禁断しようかと。

次のイシュガルド復興はクラスごとにランキングがあるという話なので、好きなクラス1つに注力すればいいんじゃないかと。

禁断に関してはこんなところですね。

ギャザラーの禁断がまだまだなので、ギャザラーマテリアをしばらく集めようかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする