【FF14】高難易度レイド体験記 その3(パッチ5.0版)

極イノセンス完結編。

早く零式に話題を移さないとな・・・。

まずは極イノのギミックに関して。

全体的なことに触れると、どちらかと言えば避けゲーというより別の何かな気がします。

イノセンスが別段多いというわけではないのですが、けっこう相手を巻き込むギミックが多いので、だからどちらかと言えば、Aを考えながらBに影響しないように動くというか、2つのことを同時に考えながら動くコンテンツというのが一番合っている気がします。

最初の追尾の線も、壁に誘導するというAを考えながら、他のメンバーに当てないというBも考えつつ動くみたいな感じですね。

タイムラインは完全に決まっているので、次のギミックに合わせてAとBを両方こなせる位置へ移動しておけばいいということになります。

追尾の線もどこの壁際に行くかだけでなく、どこから起点が伸びているかも大事なので、個人的にはこのギミックの前にはやや左か右に寄って線の起点を見やすくして対応していますね。

後は個別のギミックに関して。

まず扇風機というか、AoEが回転するギミックですが、一応安全地帯があるフェーズもあるみたいです。

ただどうもうまくいかない時があるので、個人的にはもうどんなケースでもAoEに合わせて動いています。

詩人なので大してDPSも下がらないですし、事故るよりいいかな。

それからスターバース2個にDPS2人に範囲マーカーが付くギミック。

これはDPS全員が対象になるようなので、最初につかなかったら次は付くんですよね。

なのでこのギミックに入る前と途中は範囲マーカーを誘導しやすい位置にあらかじめ移動しています。

また、仮に同じエリアにDPS2人が入ってもギリギリ大丈夫なんですよね。

これももう1人のDPSに当てないAという見方と、自分の範囲をスターバースに当てないBを同時に考えて動くという感じです。

後は直接頭割りをスターバースに当てるフェーズさえ超えることができれば、多少事故ってもクリアできる気がします。

ではクリアした時の話。

既にクリアしていたFCメンバーにギミックのポイントを聞いてから、RFの未コンコンで突入!

ちょっと時期的に参戦が遅かったのでシャキるか心配だったけど、どうにか20分くらいでシャキったのは良かったです。

そして結果は・・・まさかの1発クリア!!

後半に入っても誰もペロらず、最後の方で割と壊滅しかけてたけどなんとか立て直してクリアしたというね。

噂に聞いていた通り、割と壊滅しかけてもクリアできるコンテンツだった。

そんなわけで何周かしてみて、特にマウントは出ず。

アクセは少しゲット。

もうパッチ5.05の準備を始めなければ間に合わない感じだったので、今回はこれで終了。

また当時のスサノオみたいにILが上がってからまた来ようかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする