【FF14】高難易度レイド体験記 その12(パッチ4.4版)

パッチ4.4のレイド体験記を書いていきます。

今回は4層にチャレンジするところからです。

スポンサーリンク

高難易度レイド体験記 その12 パッチ4.4版

やってきました4層。


ゆっくりと振り返るオメガアルファ零式第4層:前編 #FF14

動画ははるうららさんのです。

(動画視聴中)

4層は前半と後半に分かれているから、まずは前半をクリアしないといけない。

後半が本番とはいえ前半もなかなか苦労するんだけど、今回はどうだろう?

・・・・・・。

あー、サイコロって聞いてたけどこういう感じなのか。

そんなにややこしいようには見えないけど、ちょいちょい話を聞くということは難しいのかなあ。

・・・・・・。

うわあ、何このコンボ。

あっち行ってこっち行って散開してすぐに回復もらって・・・。

これは事故りそうだなあ。

で、最後はとにかく攻撃か。

やることは大変そうだけど、シグマと比べるとややシンプルのような?(大きな勘違い)

ちょうどサイコロまでの練習パーティがあったので、そこに入ってみる。

・・・あ、ヤバいわ前半から。

最初のシールドコンボからブレードコンボまでで落ちる落ちる。

まずシールドコンボ何これ?

いつ攻撃か来るか分からな・・・あ、わかった。

いつ攻撃が来るか分からないんだこれ。

だから最初から散開して対応するのね。

で、シールドコンボを受けたプレイヤーは頭割りに入ってはいけないと。

詩人はどうしても吹っ飛ぶから救出してもらって、次のブレードコンボだ。

ここでどうにも落ちてしまう。

ファイラで落ちてるみたいなんだよなあ。

散開が遅いのか?

戸惑っていると、詠唱を見て早く動くといいよというアドバイス。

なるほど、AoEが残っているように見えても詠唱が終わっているなら動いて大丈夫なのね。

そうして早めに動くようになるとここもクリア。

さあ、いよいよサイコロだ。

この時は男女式を使ったんだけど、迷子になる人がちょいちょい出るんだよね。

3人でも頭割りはどうにかこなせはするんだけど、問題は次のファーとニアー。

ここはMTとSTの打ち合わせとかその辺をしっかりしていないともうそれで終わってしまう。

というより最初はサイコロでの死因が分からなかったんだよね。

数を間違えたのか、距離を間違えたのか、散開位置を間違えたのか、とにかく誰かがやられてしまう。

ここにさらにファーとニアーを失敗すると強化タックルが来るということもあって、サイコロを超えられない・・・。

しかしサイコロまでを練習すると決めた以上、何がダメだったのか確認して繰り返すしかないのである。

確か90分以上はここのフェーズを繰り返していたはずだから、試行回数はすごいことになっていたはず。

最後の方はほぼ安定してサイコロを超えられるようになって、まずは目標達成。

しかしサイコロでこれか。

4層は厳しそうだなあ・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする