【FF14】高難易度レイド体験記 その27(パッチ4.2版)

前回の続きです。

今回はオメガ零式:シグマ編の妖星乱舞を超えるところからです。

スポンサーリンク

高難易度レイド体験記 その27

次こそは妖星乱舞にたどり着き、妖星乱舞を超える・・・ということで妖星乱舞を目指すパーティに入ります。

割とすんなり進み、全滅もほとんどなく妖星乱舞へ。

予習の通り、遠隔の自分にマーカーを付けないといけないからちょっと離れて待機。

よし、マーカーがついたのでさっそく外周へ。

ここからギリギリに範囲を捨てていく。

ギリギリ・・・。

ギリギリ・・・?

・・・なんで、デバフがついているの?

え、これでも遅いの?

と思っている間にデバフによって力尽きる・・・。

うわーごめんよー。(でもその後すぐに爆発が起こって壊滅していたので、自分だけがミスしたんじゃなかったみたいと安心しつつもそういう問題でもない)

今度はすばやく行動することを心がけて2回目。

2回目・・・。

ヒールが・・・こない・・・。

このHPで行っても大丈夫なの?

ああでも迷ってるヒマはない!

そして案の定、途中でHPが足りなくて力尽きる!

ヒールが来なかったのは後にも先にもこの時くらいだったけど、念のために内丹だとか、今ならスーパーポーションを備えておくのもいいかもねえ。

3回目。

今度は行ける!

よし、みんな揃って陣のところに入れた!

次は向こうの陣の近くまで行(どーん)

壊滅。

どうやらヒラタンク側の行動が何かミスがあったみたい。

動画で軽く見ただけだけど、ヒラタンクも大変そうなんだよなあ。

ほんと、8人が全てしっかり動かないと越えられないのが妖星乱舞というフェーズなのだと痛感する。

4回目。

(どーん)

5回目。

くっ、パーティ全体にデバフが付いた。

だが・・・。

妖星乱舞を超えられた!!

よし、次だ!

・・・次ってなんだっけ?

この難関フェーズを超えた先で予習はしているのに何か分からずボヤってしてしまう現象に何か名前は付けられないだろうか・・・。

ああ、そうだ、スリースターズだ。

近くにいて助かった。

これもちゃんと北側を把握しておかないと危険だよなあ。

・・・破壊の翼もあったな。

うん、ペロった・・・。

でもどうにかリカバーできて、そのまま神々の像まで突入!

ホールインワン的な場面を超えて、後半版睡眠と混乱!

パーティ半壊!

この人数ではマッドヘッドが・・・。

やはりここまででした。

でも妖星乱舞は超えたし、だいぶ先の方まで来たぞ。

ここから妖星乱舞を超えたり越えられなかったりで、特筆することもなく終了。

次は時間切れだな!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    いつも記事楽しみに読ませていただいております。
    次はピザカットを超えれたらいよいよ時間切れですねー!
    ピザカットのコツはアルテマ後、ケフカの真下にいると移動距離が最短で済むので
    避けやすいのじゃないかと思いますヽ(´▽`)ノ
    終盤も楽しんでクリア目指してくださいねー

    • ハチメン より:

      ありがとうございます。
      この中央(ケフカの真下)に集まるというのが次の記事のテーマなんですよ・・・。
      また後日アップしますねー。