【FF14】高難易度レイド体験記 その9(パッチ4.4版)

パッチ4.4のレイド体験記を書いていきます。

今回は3層にチャレンジするところからです。

スポンサーリンク

高難易度レイド体験記 その9 パッチ4.4版

ようやく3層か。

3層なあ・・・。

最近のFF14レイドは1・2層をそれなりの難易度にして3層から難しくしているから、ここから厳しくなるんだろうなあと。

ただ、3層の方が逆に簡単じゃないかという声も聞くので、とりあえずは動画を見てみよう。

今回はニコニコ動画からRetropopさんの動画にしてみました。

(動画視聴中)

火炎放射怖い。

波動砲怖い。

そしてロケットパンチ・・・なんだこれ?

えーと・・・え?

何を言ってるのか分からないのでこの辺りを繰り返し見てみる。

・・・あー、何となく。

とりあえず色違いをぶつけることを考えて、それをするためにどう散開するか、移動するかってことなのね。

よし続き。

2回目のロケットパンチはフィールドマーカーを付けてるから大丈夫で、3回目もLBを使うから大丈夫と。

パワーアップ波動砲も怖いな!

そしてなんだこのパントクラトル2回目・・・。

画面的にもギミック的にも何が起きているのか分からない。

よく分からないがとりあえずこう動くということだけ覚えてもう練習に入ろう。

このフェーズに近づいたらまた見直すとしていつも通り予習済初見パーティへ。

・・・履行さえ超えられなかっただと。

フルでやったのにマジか。

とりあえず全滅理由の3割くらいがロケットパンチ。

これって1つでもミスるともう厳しいのね。

誰がどのロケットパンチを持っているか分からなくなるし、プレイヤーがいる所が着弾点だからロケットパンチ持ち2人がどこか別のところに集まる必要があるし、下手に集合しようとするとロケットパンチを食らって混乱するし。

ロケットパンチが数発空振りすれば自爆して大ダメージだから2つ自爆すればもうそれでワイプ。

後はロケットパンチを重ねすぎて暴発するとか、とにかくうまく2・2・2のペアで重ならない。

フィールドマーカーの位置を調整して、誰がどこへ行くかを再確認して、それでようやく成功率が上がっていく感じ。

そもそも最初の火炎放射と波動砲で誰かペロってロケットパンチのターゲットがおかしくなって全滅というケースもあったからね。

それを含めてロケットパンチでもけっこう苦労したのである。

そして残りのワイプ理由が磁石だ・・・。

とにかく誰かがミスる。

相手のマークを見間違えるとか、えーとマイナスとマイナスだから反発か、反発だからどこだ?と考えているスキにもう発生してどーんである。

あとヒカセンの癖なのか、ついついサークル内に入ってしまうということあるんだよね。

ここは必ず反発か引き合うかで移動してからサークルに入るギミックだから、最初からサークルに入ることは絶対にないんだけど混乱して入ってしまう。

また、何人かが生き残っても結局次のサークルに入る人数が足りなくなってそこでどうしようもなくなるんだよねえ。

やっと全員いけたと思っても、忘却の線に触れてしまうとか、忘却の線が物凄い勢いで迫ってくるとか、そういったことがあってここも進まない。

ようやくレベルチェッカーを最後に殴れるというところにたどり着いても誰かが戦闘不能なので火力が足りずワイプとか。

3層厳しいなあ!

1層は1週目にクリア、2層は2週目にクリアできたから、3週目にはクリアしたんだけど間に合うんだろうか・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする