【FF14 ギャザクラのすすめ】5.序盤のクラフターにとって大事なこと

もっとギャザクラ人口を増やしたい。

ということで、ギャザクラ初心者向けの記事をどんどん書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャザクラのすすめ 序盤のクラフターにとって大事なこと

クラフターのステータスや製作画面については何となく分かってきたと思うので、次はクラフターをどうしていくかについて考えます。

序盤のクラフターにとって大事なこととは何でしょうか?

HQ品を作ること、装備を更新すること、マクロを作ること・・・。

色々考えられますが、一番大事なのは「レベルを上げること」です。

序盤から中盤にかけては、クラフターのレベルを上げることでほとんどの問題が解決します。

それにはいくつかの理由があります。

レベル補正

クラフターの製作にはレベル補正というものがあります。

レシピにはそれぞれレベルがあるので、簡単に言うと自分より高いレベルのレシピのアイテムを作ろうとすると、いつもより工数や品質の進み具合にマイナス補正が付くのです。

-例-

Lv4のレシピ(耐久10)を同じ作業精度で製作する場合

自身のレベルが1 → 「作業」で工数の進む量が 7

自身のレベルが9 → 「作業」で工数の進む量が10

同じレベル4のレシピを製作する場合でも、自身のレベルが低いと工数の進む量が減っていることが分かると思います。

しかもこの例で言うならレベル9になると1発で完成させることができるので、「加工」の回数を1回分余裕を持たせることができるわけですね。

今回のようなケースはレベルが低いために差はほんの少しですが、もっと高レベルになれば差は数十から数百へと変わります。

アイテムを作るのが難しいと考えるなら単純にレベルを上げるだけでもある程度解決することができます。

装備更新

もう1つレベルを上げることの利点はより強力な装備を着けられるようになるということです。

クラフターが戦闘と大きく違うのは猶予が全くないということですね。

戦闘ならどれだけ時間をかけても敵を倒せば結果は同じです。

ところが、クラフターは耐久やCPの量が決まっているので、その制限内でアイテムを作り上げないといけません。

しかもHQ品を作るとなるとさらに難しくなるので、現時点の能力ではとても敵わないこともあります。

そこで装備更新です。

クラフターは戦闘以上にステータス上昇による結果がダイレクトに伝わるので、ほんの少しステータスを上げるだけでだいぶ結果が変わったりします。

特に副道具ですね。

副道具を装備すれば大幅にステータスが上昇するので、まずはレベル5を目指しつつクラスクエストをクリアしていけばいいと思います。

HQ品を作る・使う

ではレベルを上げるのを優先すればいいので、HQ品かどうかは無視していいのでしょうか?

実はある意味そうです。

製作経験値は品質を上げた量に左右されるので、HQ品を作れたからといって経験値のボーナスは発生しないのです。

単に品質をたくさん上げたから経験値も多かっただけの話なので、どちらかと言えば品質をどれだけ上げられるかを気にした方がいいと思います。

ただし、

・自身の装備

・リーヴ納品

・グランドカンパニー納品

これらはHQ品だとボーナスが付くので、これらを作る時だけはHQ品を目指した方がいいと思います。

そのため、材料も普段はNQ品を使い、こういった大事な製作の時に材料にHQ品を混ぜればいいですね。

スキルを覚える

そして、レベルを上げることの更なる利点が新たなスキルを覚えるということです。

戦闘でもレベルを上げれば新たなスキルを覚えますが、クラフターの新スキルは次元が違います。

例えば・・・

ヘイスティタッチ(調理レベル15) → CPを消費せずに加工が可能!

模範作業(裁縫レベル15) → 作業が100%成功する!

秘訣(錬金レベル15) → 状態が高品質以上の時にCP20も回復!

どれもチートかというぐらいすごい能力ですね。

最初はCPが足りなくなる時が多いのでCPを消費しない「ヘイスティタッチ」はありがたいですし、「作業」は成功率90%なのでたまに失敗するので「模範作業」の成功率100%というのは非常に計算しやすくなります。

「秘訣」に至ってはレベル70カンスト後の紅蓮編レシピにも使用するくらいなので、これら新スキルを覚えることは非常に大事なことなのですね。

(まあ、ヘイスティタッチは成功率50%、模範作業は作業より威力が低いなどの弱点がありますが・・・)

このようにレベルを上げることによって様々な利点があるので、まずはレベルを上げていけばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする