【FF14】PvPの基本的な話10 赤魔道士のアクション(パッチ4.58版)

今回は赤魔道士のアクションについてです。

PvPガイド
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/pvpguide/

PvPジョブガイド
https://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/pvp/

スポンサーリンク

PvPの基本的な話10 赤魔道士のアクション

赤魔道士 PvPアクション
https://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/redmage/#pvp

赤魔道士の特徴

赤魔道士は連続魔によって攻撃を連発することができ、ホワイトマナとブラックマナを貯めることで強力な連続攻撃をたたき出すことができます。

また、DPSながらヴァルケアルによって回復することができ、コル・ア・コルやデプラスマンを駆使して相手との距離を調整しながら戦うことができます。

コンボルート

通常攻撃にコンボはありませんが(連続魔がある意味そうですが)、赤魔道士のコンボはホワイトマナとブラックマナをそれぞれ75貯めた時に使用可能となります。

エンリポスト→エンツヴェルクハウ→エンルドゥブルマンと3連続で近接攻撃を行うことができ、さらに追撃としてヴァルホーリーやヴァルフレアを放つことができます。

連続魔

特定の魔法を使用すると連続魔が付与されます。

連続魔が付与されていると次の魔法を無詠唱で使用することができます。

そのため、連続魔で魔法を使用する時は動きながら発動可能です。

なお、連続魔が発動するのは以下の魔法です。

ジョルラ
ヴァルストーン
ヴァルファイア
ヴァルケアル

一度連続魔が付与されればどんどん連続魔が付与される気がしますが、

ジョルラ→インパクト
ヴァルストーン→ヴァルエアロ
ヴァルファイア→ヴァルサンダー

この3つの魔法はそれぞれ連続魔付与時は次のように強化された状態になり、これらは連続魔が付与されないので連発することができません。

ヴァルケアルも非連続魔時追加効果という注意書きがあるので、結局どの魔法も連続魔から連続魔を付与していくことはできないということですね。

ホワイトマナとブラックマナ

魔法を使用するとホワイトマナとブラックマナが上昇します。

これらはエンリポスト→エンツヴェルクハウ→エンルドゥブルマンの強力なコンボを発動させるために必要です。

ホワイトマナとブラックマナのどちらも75必要なので、バランス良く貯めなくてはいけません。

上昇量は以下の通りです。

ジョルラ    ホワイト10 ブラック10
ヴァルストーン ホワイト15
ヴァルファイア ブラック15
ヴァルケアル  ホワイト 5 ブラック 5
インパクト   ホワイト10 ブラック10
ヴァルエアロ  ホワイト15
ヴァルサンダー ブラック15
ヴァルホーリー ホワイト20
ヴァルフレア  ブラック20

また、マナフィケーションを使用すると現在貯めているホワイトマナとブラックマナが2倍になるので、一気にコンボの発動までもっていくことも可能です。

ヴァルホーリー・ヴァルフレア

コンボを最後までやり切ると、さらに強力な攻撃としてヴァルホーリーかヴァルフレアを発動することができます。

ホワイトマナとブラックマナのどちらが貯まるかという違いがありますが、ヴァルホーリーはMPが、ヴァルフレアはTPが回復します。

威力は同じなので、MPかTPの足りない方を回復していけばいいと思います。

その他アクション

モノマキーは付与している相手に自身から与えるダメージを上昇させ、さらに相手から受けるダメージを軽減させることができます。

コル・ア・コルは敵に急接近して攻撃し、敵にモノマキーが付与されているならヘヴィを与えます。

デプラスマンは敵から離れるように攻撃し、敵にモノマキーが付与されているならバインドを与えます。

マナフィケーションは現在のホワイトマナとブラックマナが2倍になるだけでなく、コル・ア・コルとデプラスマンのリキャストタイムをリセットします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする