【FF14】漆黒のヴィランズに向けて準備をする5 リテイナーの装備更新

次の拡張「漆黒のヴィランズ」も徐々に近づいてきたので、いくつか準備できそうなこと、覚えておくと便利なものをまとめていこうと思います。

今回は「リテイナーの装備更新」がテーマです。

なお、PS4を基準とした内容になるので、扱うものもPS4でのプレイ環境をメインとしたものとなります。

スポンサーリンク

漆黒のヴィランズの準備 リテイナーの装備更新

新たな拡張において、ギャザクラや金策にとって大事なのが新アイテムの入手手段です。

クラフターなら新レシピはほぼ確実に新アイテムが材料として使われているので、レベリングにもアイテム製作にも新アイテムは必要ですし、ギャザラーも納品するアイテムは新アイテムになっていきます。

そして、新アイテムを依頼するためにはリテイナーのステータスが一定量必要になります。

後半のアイテムはさすがに拡張後の新装備でないと難しいかもしれませんが、前半に登場する新アイテムは今の装備でも依頼可能だとは思います。

そこで、今のうちにできる準備としてリテイナーの装備を更新した方がいいということになります。

装備更新による影響

ただ、リテイナーの装備やジョブについていくつか注意点があります。

今回は戦闘職とギャザラーについてまとめてみます。

〇戦闘職

戦闘職のリテイナーの特徴は以下の通りです。

・対応するプレイヤーのジョブのレベルまでしかレベルが上がらない

・依頼できるアイテムは未入手のものも可能

・依頼するには一定のILが必要

まず、リテイナーのレベルは独立しているわけではなく、プレイヤーのレベル以上にならないようになっています。

そのため、踊り子などの新ジョブで漆黒を進めようと考える場合はリテイナーのレベルが一切上がらなくなります。

せっかく装備を更新したのにレベルが上がらないのはもったいないので、対応する戦闘職のレベルも上げるか、リテイナーを踊り子に変更して育成し直すか、どちらかの対応が必要になります。

また、リテイナーのレベルが上がれば新たなアイテムを依頼できるようになりますが、戦闘職はギャザラーと違って、未入手のアイテムでも依頼することができます。

ドロップしづらいアイテムも中にはあるかもしれないので、それを依頼すればいいですね。

ちなみに、新アイテムを依頼にするには一定のILが必要になりますし、最初は少ししか持ってきてくれないこともあります。

採集数を増やすにはそこからさらにILを上げる必要があるので、漆黒後の新しい装備を渡していけばいいと思います。

〇ギャザラー

ギャザラーのリテイナーの特徴は以下の通りです。

・対応するプレイヤーのジョブのレベルまでしかレベルが上がらない

・依頼できるアイテムはプレイヤーが入手したことがあるもののみ

・依頼するには獲得力を上げる必要がある

・識質力があればHQ品を入手しやすくなる

対応するジョブのレベルが上がっていないとリテイナーのレベルも上がらないのは同じですね。

ただ、依頼できるアイテムはリストに挙がっても、そのアイテムをプレイヤーが入手したことがないと依頼はできません。

また、戦闘職と違い、ギャザラーは依頼できるかどうかは獲得力の数値によって決まっています。

場合によってはマテリアを装着して獲得力を底上げすることも大事です。

識質力を上げればHQ品を取ってくる確率が上がりますし、それも頭に入れながら装備更新を考えればいいと思います。

今の装備品の候補

戦闘職の装備はメインストーリーを進めればどんどん入手できるので、とりあえず創世装備などを着けておけば充分だと思います。

ギャザラーは山師装備かキングランド装備が該当します。

ギルがかかる山師装備か、時間をかけて黄貨を集めるキングランド装備か、好きな方を選べばいいですね。

ただ、どうせ拡張後になればLv73か75くらいに新製作装備が登場するはずなので、今投資する価値があるかどうかは難しいところです。

拡張後にストレスなくアイテムを依頼したい集めたいと考えるならありかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする