【FF14】漆黒のヴィランズに向けて準備をする2 HUDレイアウトの基本的なこと

次の拡張「漆黒のヴィランズ」も徐々に近づいてきたので、いくつか準備できそうなこと、覚えておくと便利なものをまとめていこうと思います。

今回は「HUDレイアウトの基本的なこと」がテーマです。

なお、PS4を基準とした内容になるので、扱うものもPS4でのプレイ環境をメインとしたものとなります。

スポンサーリンク

漆黒のヴィランズの準備 HUDレイアウトの基本的なこと

HUDというのは画面に表示する情報のことですね。

プレイヤーのHPやMP、所持金やミニマップ、バフやデバブなど様々な表示される情報がHUDということになります。

そして、それを編集するのがHUDレイアウトですね。

FF14はこのUI周りが非常に優れていて、このHUDレイアウトのケースだと、「表示される情報全ての位置と大きさ」を変更することができます。

画像編集ソフトで動かしたような感じですが、FF14はこれをゲーム内でそのまま行うことができます。(もちろん効果もそのまま)

PS4だとテレビの大きさなど各環境によって情報が見づらいなんてことがあり得るので、1つ1つの情報の大きさを変更して見やすい形を目指せます。

さらに、この情報1つ1つの表示・非常時も設定できます。

例えば、ミニマップは見やすくしたいから大きくしたり、レベルがカンストしているから経験値バーは非常時にしたり、表示非常時も含めて見やすい画面構成にしていけるわけですね。

編集の仕方

基本的な情報は公式サイトが詳しいのでそちらへ。

ロードストーン UIガイド
https://jp.finalfantasyxiv.com/uiguide/

編集の仕方は簡単で、編集したい情報を選択して各ボタンを押すだけです。

右スティック・・・・・・・・・・・項目の位置を動かす
△ボタン・・・・・・・・・・・・・項目の表示非常時を入れ替える
R3(右スティックを押し込む)・・項目の大きさを変更する

パッド(コントローラー)だと操作はこんな感じですね。

また、項目の右にある歯車を選べば、項目ごとの更なる詳しい設定をすることできます。

透過設定で項目の情報を半透明化させることもできるので、もう何からしたらいいか分からないかもしれませんが、まずは色々試してみるのがいいですね。

HUDは4つまでセットが作れますし、各セットをコピーしたりもできるので、普段とは違うHUDセットでレイアウトを試して、良さそうならメインに反映してみるのもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする