FF14でドマ式麻雀ができるまでの手順を解説(できるのは1月8日から)

FF14では、2019年1月8日のパッチでドマ式麻雀が実装されます。(絵柄が違うだけで通常の麻雀と同じ。通常の絵柄に戻すこともできますし、プレイ画面を拡大することもできます)

FINAL FANTASY XIV Letter from the Producer LIVE Part XLVIII
https://www.twitch.tv/videos/352131296

↑発表時の動画(1:25:30辺りから)

けっこうこの麻雀実装の反響が大きいみたいなので、ゲーム内で麻雀を始めるためにどんなことをすればいいかをまとめてみます。

ちなみにフリートライアル(体験版のこと)でもプレイ可能なので、基本的にこのフリートライアル版で話を進めていきます。

スポンサーリンク

FF14で麻雀ができるまでの手順

FF14 フリートライアル
https://www.finalfantasyxiv.com/freetrial/

↑基本的にはこのサイトに詳しく載っています。

スクウェア・エニックス アカウントへの登録が必要なので、この辺りはサイトを見てじっくりと進めてください。

なお、フリートライアル版なので製品版といくつかの違いや制限が存在します。

ソロでも参加申請を出せるので麻雀をやる上での制限は特にないと思いますが、例えばパーティ募集ができないので麻雀を一緒にプレイしましょうみたいな募集を出すといったことはできません。(ただ、他のプレイヤーからパーティに誘われた場合は参加できる)

製品版にすればこの制限がなくなるので、ゲームを気に入れば製品版を購入してくださいという感じですね。

ゲーム前の注意点

それではフリートライアル版のインストールが完了してゲームを始めたとします。

プレイガイド PS4版
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/ps4/

すると、↑の案内にあるようにデータセンターを選択するという場面が出てくると思います。

キャラメイクは触れば何となく分かるはずなので、ややこしいこちらの方を解説します。

まず、FF14は全プレイヤーが同じワールドで一緒に冒険するというわけではありません。

それだと何十万というキャラがあちらこちらにいることになり、人だらけで画面が見えなくなりますし、そもそもそんな人数だとサーバーに負荷がかかって耐えられません。

そのため、複数のワールドが用意されているので、プレイヤーはその中から好きなものを選んでいくということになります。

・Elemental

Aegis
Atomos
Carbuncle
Garuda
Gungnir
Kujata
Ramuh
Tonberry
Typhon
Unicorn

・Gaia

Alexander
Bahamut
Durandal
Fenrir
Ifrit
Ridill
Tiamat
Ultima
Valefor
Yojimbo
Zeromus

・Mana

Anima
Asura
Belias
Chocobo
Hades
Ixion
Mandragora
Masamune
Pandaemonium
Shinryu
Titan

実は日本だけでもこれだけのワールドがあります。

名前が違うだけで全部中身は同じです。

ではなぜこのワールド選択を色々解説しなければいけないかというと、基本的にはワールドが違うと一緒にその世界で遊べないからです。

友達がバハムートワールドで遊んでいる場合、自分がイフリートワールドを選んでしまうとワールドが違うため、一緒に遊べないわけですね。

そのため、一緒に遊びたい人がいるなら同じワールドを選んだ方がスムーズではあります。

ただ、いくつか例外があります。

○データセンターが同じならコンテンツ先で遊ぶことが可能

FF14にはワールド以外にデータセンターというグループ分けが存在します。

「Elemental」「Gaia」「Mana」の3種類ですね。

このグループ内なら違うワールド同士でもコンテンツ系(ダンジョン・ボス戦・レイド・PvPなど)なら一緒に遊ぶことが可能です。

実装されるドマ式麻雀もコンテンツ系なので、同じデータセンター内なら一緒に遊べるということですね。

-追記-

ちなみにこの記事は実装前の状態で書いているので、完全な仕様は把握できていません。

FF14ではデータセンター内ならワールドを超えてパーティを組めるので、それを利用すればワールドが違ってもプレイできるとは思うのですが、念のため注意してください。

○今後のアップデートでワールド間テレポが実装予定

そして、今までのFF14ではワールドが違うと一緒にその世界で冒険するということができませんでしたが、今後のアップデートで一緒に遊ぶことが可能となります。(一部制限あり)

ワールド間テレポという機能が実装予定で、これを使えば他のワールドに遊びに行くことができます。

ただ、これも同じデータセンター内ということなので、例えばチョコボサーバー(Mana)の人がバハムートサーバー(Gaia)に遊びに行くことはできません。

○要するに・・・

>一緒に遊びたい人がいるなら同じワールドを選べばいい

>ワールドの人数がいっぱいでキャラが作れないケースもあるので、最低でも同じデータセンター内にすれば遊べる(なるべく同じワールドの方がいいですが)

ということになります。

ゲーム開始後

そうしてゲームをスタートすればいよいよ麻雀・・・といきたいですが、少しだけ冒険をしてください。

いざ、魅惑の遊技場へ
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/db/quest/0c86b98709e/

メインストーリーを少し進めれば↑のクエストがウルダハという街に発生するので、ここからゴールドソーサーへ進むことができます。

ここまではダンジョンもありませんし、ずっとソロプレイで到達することが可能です。

後は麻雀をしたり他のゴールドソーサーのコンテンツで遊んだり冒険をしたり、フリートライアル版ならレベル35まで遊べますし、気に入ったら製品版を購入して続けてくれたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする