【FF14】新式装備について説明してみる

パッチの実装が近づくと新式装備という言葉を目にすることが多いと思います。

レイド早期攻略には必須というべき存在なのですが、そもそも新式装備が何なのかがよく分からない人もいるかもしれません。

今回は新式装備とは何なのか、どういう存在なのか、どういう風に入手できるのかなどをまとめてみます。

スポンサーリンク

新式装備について説明してみる

新式装備とは何か

新式装備とはクラフターが作れる製作装備の1種です。

レベリング用の装備とは違い、偶数パッチごとに実装されるカンスト勢向けの高IL装備となります。

なぜ新式装備と呼ばれるかは省略しますが、ややこしいのがこういった装備は全て新式装備と呼ばれている状況があります。

要するに、パッチ3.4の新式装備、パッチ4.2の新式装備、パッチ4.4の新式装備とどの装備も新式装備と呼ぶわけですね。(もちろん全て違う装備です)

そのため、新式装備という言葉が出れば、基本的には最新の新式装備のことを示します。

今はパッチ4.4実装直前なので、この時期の新式装備はパッチ4.4の新式装備のことを表すということになります。

なぜ話題に上がるのか

ではなぜパッチが近づくと新式装備の話題が増えてくるのかというと、ILの更新のタイミングがやってくるからです。

FF14では基本的に偶数パッチで新たなILの装備が追加されるようになっています。

例えば、現パッチ4.36ではどんなに頑張ってもIL370(375)までの装備しか入手できませんが、パッチ4.4になれば一気にIL400(←予想値)までの装備が入手可能となります。

ただ、ILが更新されたからといってすぐにそのILの装備を入手できるわけではありません。

だいたいがレイドなどの高難易度コンテンツをクリアするか、新アラガントームストーンで装備を入手するか、そういったことでしか入手できないので、入手まで時間がかかるのです。

なぜ高騰するのか

ところが、新式装備は製作によって入手できるので、パッチ実装日当日でも次々にILの更新が可能となります。

簡単かつすばやくILが更新できるため、話題に挙がるくらい欲しがるプレイヤーがいるというわけですね。

それにただILが上がるだけでなく、ILが上がることによって零式などの高難易度コンテンツに参加が可能となります。

レイドの早期攻略には是非とも欲しい装備なので、パッチ実装前後は新式装備の話題が盛り上がるわけなのです。

そして、新式装備がマーケットで高騰するのはこの辺りが理由となっています。

製作するかマーケットで購入するだけでILを確実に更新できるので時間の短縮が可能ですし、やはり零式がクリアしやすくなる(参加可能になる)というのは大きいです。

また、需要の高さだけでなく、製作難易度も値段の高さに反映されています。

新式装備はそのパッチ最高難易度のレシピとして実装されることが多く、作ろうと考えてもそう簡単に作れる代物ではないのです。

素材も同じくギャザラー最高難易度として実装されるので、クラフターもギャザラーも仕上げていないと製作することができません。

ILをすぐに更新できる、欲しいプレイヤーが多い、作るのが難しい、そういった理由から値段が高騰するのですね。

NQとHQ

ただ、いくら取引価格が高いといってもNQに手を出してはいけません。

自身がレベル70になりたてくらいなら充分強くなりますが、ILの更新と考えるならHQ一択です。

その理由はNQとHQのステータスにあります。

-詩人胴防具-

装備 IL DEX VIT
ロストアラガン・レンジャージャケット 330 264 278
源氏之大鎧【弓士】 340 280 296
トゥルーリネン・レンジャージャケットNQ 350 264 282
トゥルーリネン・レンジャージャケットHQ 350 293 314
龍脈戎服【弓士】 360 307 333

装備を比べてみれば分かりますが、新式装備はHQ品がIL相当の強さで、NQ品だとILが約20ほど下がった状態になります。

次の新式装備はおそらくIL380なので、NQ品だとIL360相当になり、逆に装備更新しようとしても弱くなる可能性もあります。

そのため、新式装備は値段が高くてもHQ品を選ぶしかないのです。

入手するには

では入手するにはどうすればいいのか。

もちろんクラフターが作るだけなのですが、ギャザクラをプレイしていないならマーケットで購入するしかありません。

値段が高くてもそれは仕方がないですね。

ギルがちょっと足りないなら値下がりを待つか、金策をしてギルを稼ぐしかないと思います。

あるいはフレンドに頼むという手もありますが・・・

・新式装備はやり方次第では数千万ギル以上稼げる存在

・とにかく量産して稼ぎたい

・クラフターはギャザラーもやっているので材料の調達に忙しい

・材料自体も高騰している

・そのクラフターも色々新コンテンツを楽しみたい気持ちを抑えて新式装備を作っている

・難易度次第ではマクロで作れるとは限らないので作るのに時間がかかる

という存在なので、気軽に頼めるものでもないので・・・この辺りはフレンドとの関係や交渉次第になると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする