【FF14】ファンフェス2018 in Paris 基調講演 金策に関わりそうなところと個人的に気になったところ

漆黒のヴィランズの発売日が7月2日に決まりました!!

アーリーアクセスが実質的な発売日みたいなものなので、6月28日からプレイできるわけですね。

というわけで、今回もいつも通り金策に関わりそうなところや個人的に気になったところをまとめてみます。

ガンブレードが武器として登場することは予想されていましたが、タンクでしたね。

これでヒラタンク人口が増えてくれれば申し分ないのですが。

とりあえず新ジョブのロールも判明したので、レベリング装備の需要があるかもしれません。

ただ、今回はちょっと厳しいかなあ。

Lv60のイディル装備は詩学で入手できますし、狙うとしたらLv65辺りからなのですが、おそらくレベリングを考えている人はアメノミハシラにこもってレベリングしそうなんですよね。

なので装備更新なしで一気に駆け抜けそうなのであまり期待はできないと思います。

ちなみにタンクが来たので、次はおそらくヒーラーなのでもし装備を作るならヒラ装備を狙うのもいいと思います。

新種族は予想通りヴィエラが来ました。

しかし、オスに関して全く触れないという。

メスだけ実装するならそう言うはずですし、敢えて何も言わないということは何かあるのでしょうか?

ストーリーに関わるからなのか、オスは違う種族なのか・・・。

とりあえず金策としてヴィエラに似合いそうなおしゃれ装備の需要が上がりそうですが、実装されてみないと似合うかどうか分からないので、この話題が盛り上がるのは実装後ですね。

安めのおしゃれ装備の素材などを集めておくのもいいかもしれません。

ワールド間テレポはパッチ4.57実装だそうです。

4.55が今月だとして、1か月ずつだと考えても最低でも5月以降かな?

その頃は売れるアイテムが乏しいので、ワールド間テレポによるマーケットの影響がイマイチ分からないんですよね。

ヒュダトス編のアイテムを見ればなんとなく分かるかもしれないけど、どうだろう。

そう言えばマーケットで購入した場合、名前の表記はどうなるんだろう?

今までと同じ仕様だとこのサーバーにいるプレイヤーが購入したのか別サーバーの人が購入したのか分からないから、何か区別を付けてくれてもいいかもですね。

後は個人的に気になったのがエーテライトイヤリングの仕様。

ジョブのレベルに合わせてステータスが変化するそうで、ずっと装備し続けていてもレベルがカンストするまでは問題ないアイテムとなっています。

このシステムって今後の新規のプレイヤーに向けても使えるような。

ビギナー装備をこの仕様にしてしまえば、装備更新の必要もなくどんどん進めるわけですし。

ただ、装備更新にも慣れておくことと見た目を変えないと飽きるということもあるので良し悪しありそうですが。

それに新規がこういう装備一択になると装備が売れる機会も減りますし、金策として考えるとむしろ限定的な装備の方がいいのかなあとも思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする