【FF14 金策】集める価値があるのか採集手帳のアイテムを1つ1つ解説 採掘師Lv16~20(パッチ4.18版)

採集手帳に載っているアイテム1つ1つに注目して、このアイテムを集める価値があるのかどうかを解説していきます。

今回は採掘師の採集Lv16~20で採れるアイテムです。

スポンサーリンク

採掘師 採集Lv16~20

マラカイト原石

東ザナラーン

マラカイトの材料です。

マラカイトは複数の装備品の材料となっていますが、マラカイト原石は彫金師ギルドショップで販売されているため、集める必要性は低いです。

スフェーン原石

北部森林

スフェーンの材料です。

内容はマラカイトと同じですね。

複数の装備品の材料ですが、原石は彫金師ギルドショップで販売されているため、集める必要性は低いです。

フローライト原石

東ザナラーン

フローライトの材料です。

こちらもマラカイトやスフェーンと同じです。

それぞれ作れる装備が違うので、彫金師のレベリングに少しずつ必要になるといった感じですね。

ダンビュライト原石

西ラノシア

ダンビュライトの材料です。

こちらも同じです。

桜貝

西ラノシア

複数の装備品の材料です。

店売りしていないので、欲しい時は欲しいアイテムですが、どのレシピもそれほど需要がある装備品ではないので、このアイテムで稼ぐのは難しいと思います。

アルメン

東ザナラーン

ボアレザーなどの材料です。

粗皮をボアレザー、ギガントードレザー、アルドゴートレザーといったレザーに加工する時に必要なので、この辺りのレベル帯の革細工師が欲しがるアイテムとなっています。

自分用に使ってもいいですし、そういったクラフターに向けて売ってもいいと思います。

石灰岩

西ラノシア

多数の調度品の材料です。

ラージガーデンポンドやガーデンポンドを作る時に大量に必要になりますし、漆喰という中間素材にも使われています。

調度品はそう頻繁に作られるものではないので、需要があるというわけではありませんが、こういうアイテムを作りたいクラフターに向けて売ることができます。

泥岩

西ラノシア

泥岩砥石などの材料です。

泥岩自体は冒険者の焚火炉やグラインディングホイールの材料となっていますし、泥岩砥石や煉瓦といった中間素材の材料でもあります。

泥岩砥石も複数の装備品の材料となっていますし、使用用途はいろいろです。

ただ、泥岩はハウジングエリアの素材屋で販売されているので、それほど期待はできないと思います。

コールマターG1

中央ラノシア/西ラノシア(西ラノシアは園芸)

以前はマテリアの装着に使用していたアイテムですが、現パッチではマテリアの装着には使用しなくなっています。

そのため、今のところはギャザラーのクラスクエスト以外では使用しないため、必要数(園芸師と採掘師で各99個)以上集めなくていいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    修理はダークマターじゃない?
    コールマターG1は今ギャザラーのクラスクエにしか使わなかった気がする

    • ハチメン より:

      あっ・・・ダークマターとコールマターを間違えてる・・・。

      修正しました。
      ご指摘ありがとうございます。