【FF14】パッチ4.1新ギャザクラ装備用マクロ 別パターン(修正版)

この記事は修正版となります。

修正前のスキル回しは堅実作業の成功率次第で、製作途中でアイテムが完成してしまうという不備があったため、スキル回しを修正いたしました。

先ほどの記事でコメントを頂いた方の、記事と同時にコメントも削除することになってしまい、申し訳ありません。

また、その時のコメントで参照した点を今回のスキル回しにも反映させていただきました。

↑以前のスキル回しはこちらになります。

今回のスキル回しはCPの要求ステータスが上がっているので、CPが足りない場合は以前のスキル回しの方を参照してみてください。

スポンサーリンク

新ギャザクラ用装備マクロ 別パターン

必要最低限のステータス(料理・薬茶込み)

作業精度 1320
加工精度 1276(できればもっと多めに)
CP    516(魔匠の閃き未取得なら531)

マクロ1

/ac 堅実の心得 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac ステディハンド <wait.2>
/ac ピース・バイ・ピース <wait.3>
/ac ピース・バイ・ピース <wait.3>
/ac ピース・バイ・ピース <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac コンファートゾーン

マクロ2 ×4回

/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac 堅実作業 <wait.3>
/ac コンファートゾーン

マクロ3

/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac マニピュレーションII <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac 工面算段 <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 経過観察

マクロ4

/ac 注視加工 <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 加工 <wait.3>
/ac グレートストライド <wait.2>
/ac イノベーション

マクロ5

/ac 工面算段II <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業

各マクロの解説

マクロ1はピース・バイ・ピースを1回増やして、堅実作業を1つ減らしています。

マクロ2は前回と同じように4連続で使用します。

マクロ3から大きく変化しています。

まず、ピース・バイ・ピースで工数を大きく進めることができた分、逆に堅実作業が成功し過ぎると製作途中でアイテムが完成してしまいます。

そこで、マクロ2終了時点では堅実の心得の効果が残っていますが、ここから加工をスタートさせます。

これならマクロ1~2の堅実作業がたとえ全て成功していてもアイテムは完成しないため、そのまま加工を続けることができます。

また、途中で工面算段を1回入れています。

倹約加工をもう少し増やせば加工回数を増やすこともできるのですが、それよりも工面算段を入れた方が品質を伸ばせるようなので、注視加工に合わせて工面算段を入れています。

マクロ4は前回より全体的なスキル回しが短くなったため、ほんの少しの内容になっています。

マクロ4とマクロ5を合体させることは可能なのですが、マクロ5は最高品質に対応するためにマクロを分けているので、仕方ない感じです。

今回もマクロ5を使う前に最高品質が来た場合は、手動で工面算段2とビエルゴの祝福を入れ替えてください。

以上が変更点ですね。

前回のスキル回しよりCPが40ほど増えているため、装備をかなり禁断しつつ、薬湯などを使わなければ、このステータスになるのは難しいと思います。

相変わらず素材のほとんどをHQにしなければHQ率100%にすることはできませんが、加工精度が高ければ一部の素材をNQにしてもHQ率100%を狙えるようになります。

難点としては最後の作業が1回になったため、堅実作業の失敗をカバーし切れずに、製作そのものが失敗してしまう可能性が出てきてしまいます。

最後の作業は模範作業2でも問題ないとは思いますが、念のため経過観察+注視作業にしています。

CPが足りなければ最後の作業を模範作業3や模範作業2にグレードダウンさせることもできますが、安全面が若干下がることに注意してください。

-追記-

CPを節約できるやり方を見つけました。

最後の加工を倹約加工に変更すれば作業回数を増やせるので、

マクロ4

加工→倹約加工

マクロ5

経過観察→模範作業2

注視作業→模範作業2

と変更すればCP507(522)でスキル回しを実行することができます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする