【FF14】4.0パッチノート先行公開 金策に関わりそうなところ 後編

パッチノートを見て、金策に関わるところをまとめています。

ちょっと量が多かったので、前編後編に分けています。

今回は後編です。

スポンサーリンク

4.0パッチノート 金策に関わりそうなところ 後編

・パッチ3.4以降に実装された聖典交換装備など既存一部アイテムを、売却/アイテム分解/稀少品調達での納品ができるようになります。

蒼天編で実装されていたのに分解できなかったアイテムが分解できるようになります。

どういったアイテムが出現するかは分からないですね。

もし鍛人のデミマテリガなどの新アイテムが出現するなら、聖典装備の交換レート次第ではいい金策になるかもしれません。

・一部アイテムの販売価格/売却価格が変更されます。

これはコールマター以外の話でしょうか?

もしかしたらデミクリスタルの売却価格が下がっているかもしれないですね。

・分解スキルの上限値が引き上げられます。

各クラスの上限 250 → 320

合計スキル値  770 → 980

大型パッチごとに分解の上限値が少しずつ上がっていたのですが、今回も上限が引き上げられました。

ということは、まだまだ分解というコンテンツを活用していくのだと思われます。

新しいデミマテリア系やグラスファイバーのようなアイテムが出現する可能性は充分あるので、分解クラスのレベリングもしていきたいですね。

・アイテム分解に関して、以下の調整が行われます。

>分解成功率が全体的に引き上げられます。

>パッチ3.57までに実装された一部アイテムを分解した際のスキル上昇率が引き上げられます。

>分解対象アイテムが少ない一部のクラスで、スキル上昇率が引き上げられます。

分解成功率が全体的に引き上げれるということは、今までと比べてレベリングが楽になりそうです。

また、分解対象アイテムが少ない一部のクラス・・・錬金術師とか錬金術師とか錬金術師とか・・・そういったクラスもレベリングしやすくなると思います。

・クラフター/ギャザラーのレベル上限が、レベル70に引き上げられます。

よし。

・クラフターに新たなアクション/特性が追加されます。

>全クラフタークラス共通

61 ヘイスティタッチII
62 模範作業III
63 突貫作業II
64 専心加工
65 マニピュレーションII
66 倹約加工
67 注視作業
68 注視加工
69 初手仕込
69 マイスターの切札:再生 ※マイスター専用
69 マイスターの切札:静穏 ※マイスター専用
69 マイスターの切札:真価※マイスター専用

おおう、まさかこれほど増えるとは思いませんでした。

前半は既存アクションの強化みたいですね。

↑ただ、PLLではマイスターは既存のアクションが強化されると言っていたんですよね。

記述がないので分かりませんが、これらのアクションはマイスターでなくても使えるのか、マイスターのみなのか。

特にヘイスティタッチや模範作業が強化されるというのは相当なことなので、マイスターの選択や変更はより大事になると思います。

残りのアクションはスキル名からいろいろ想像したいところですが、実装後を楽しみに待ちます。

>特性

63 品質精査
70 魔匠の閃き

ただ、気になることに、特性も追加される・・・?

特性ということはスキルのように使うのではなく自動的に発動するということですよね?

例えば品質精査は普段より高品質が出やすくなる、魔匠の閃きは最高品質が出やすくなる、みたいなことでしょうか。

能力によってはいち早くレベル63にした方がいいかもしれないですね。

・クラフターのアクションに関して、以下の調整が行われます。

>ビエルゴの技巧

高品質時以外にも使用可能になり、マイスター時は必ず成功するようになります。

↑ビエルゴの技巧の詳しい説明はこちらへ。

ビエルゴの祝福は最高300、ビエルゴの技巧は最高250の威力なので、基本的にはビエルゴの祝福を優先した方がいいと思います。

ただ、マイスターは必ず成功するようになるので、ステディハンドの効果外でも使うことができるんですよね。

スキル回しの幅が広がるので、うまく使えば加工回数を増やすなんてこともできるかもしれません。

>ビエルゴの奇跡

インナークワイエットのステータス上昇回数に応じた効率上昇量が、10 → 15 に引き上げられます。
消費CPが、16 → 10 に軽減されます。

これはなかなか興味深いです。

正直ほとんど役に立つスキルではなかったので、今までスルーしていたんですよね。

ところが最高威力が250になり、このスキルを使ったとしてもインナークワイエットのスタック数は半分残るので、うまく使えばかなり強力なアクションなのでは・・・?

加工→バフ→ビエルゴの奇跡→リラックス→倹約→模範作業というスキル回しが可能になるので、こちらもスキル回しの幅が広がりそうです。

>匠の技

成功率が、90% → 100% に引き上げられます。
消費CPが、32 → 16 に軽減されます。

こちらも非常に使いづらいスキルだっためスルーしていたのですが、成功率が100%になると話は変わります。

このスキルは仕事唄とインナークワイエットのスタック数が同じ数の時のみ使用することができ、作業と加工を同時に行うというものとなっています。

マイスターアクションで行う完全アドリブ用スキルだったのですが、成功率が90%だったので使いづらかったんですよね。

マイスターアクションも新しいものが追加されますし、紅蓮編のマイスターはおもしろいことになっているかもしれません。

(でも、フィニッシュワークの記述がないんだよなあ・・・)

>経過観察

消費CPが、14 → 7 に軽減されます。

ふーむ。

追加されたスキルや変更されたスキルを見てみると、やはり特性のどちらかは高品質が出やすくなるという効果な気がします。

これからのクラフターはマクロで作るより、手打ちで作った方がいい時代が来るかもしれません。

・自身のレベルよりも高いレベルのレシピを製作する場合、従来よりも品質が上がりにくくなり、工数が上がりやすくなります。

要するに高難易度のアイテムは以前より完成しやすくなるが、HQ品は作りにくくなるというわけですね。

新式装備などのHQ品の価値がさらに上がりそうです。

・以下のレシピに関して、完成時の経験値が獲得できなくなります。

>モーグリ蛮族クエスト関連レシピ

>お得意様取引関連レシピ

お得意様コンテンツでレベリングできるかと思ったのですが、無理みたいですね。

むしろその下の、

>新規実装の、クラフターのクラスクエスト専用レシピも経験値は獲得できません。

が気になる。

要するに、これからクラフターのクラスクエストはマーケットでアイテムを買ってクリアできなくなるということ!?

うーん、金策が1つ減りましたね。

そして、レベル61~のクラフターは実力でクリアしていかなければいけないというわけですね。

・漁師副道具「フィッシャーギグ」について

>フィッシャーギグは銛先が3種類あり、それぞれ獲れる魚が異なります。銛先は「アクション:銛先」から切り替えられます。フィッシャーギグは刺突漁開放後、NPCから購入することも可能です。

モリは漁師の副道具として実装されます。

獲得力などが上がると期待したのですが、パッチノートのスクショを見るとGPのみ上昇するようですね。

それでもステータスが上昇するので、これからの漁師は副道具を必ず装備していきたいです。

また、フィッシャーギグは3種類あるということなので、副道具を出品して稼げそうです。

>漁場のアクション

略。

ただ、レベル61からスタートしているので、漁師をレベル61以上にしないとフィッシャーギグによる採集はできないと思います。

>採掘師、園芸師のアクション

これも触れだすと長いので略。

ていうか、オート山師の直感って何・・・?

未知の採集場所はこれから毎回判明するようになるのでしょうか。

あと、GP自然回復量アップはレベル70じゃないか!!

一部は、クラスクエストコンプリート時に修得できますということなので、おそらくギャザラーのクエストを全てコンプリートしないとこのGP回復量アップは手に入らないでしょうね・・・。

>漁師のアクション

やっぱり略。

泳がせ釣りIIにダブルフッキング・・・こちらも気になり過ぎる。

・ギャザラーのアクションに関して、以下の調整が行われます。

>採掘師・園芸師「コーション」

負荷と使用CPがそれぞれ倍になります。

まあ、コーションってだいたい2回使うスキルなので、単純に使いやすくなっただけですね。

>採掘師・園芸師「大胆選別」

負荷が15から10に減ります。

うーん、これで大胆選別を3回行えるようになりますが、元々ランダムなので使いづらいんですよね。

ちなみに各選別の数値↓

慎重選別 ×1.0
直感選別 ×0.9(30%の確率で審美眼の付与あり)
大胆選別 ×0.8~1.5

これに直感選別IIも加わるので、選別時のスキル回しに悩みそうです。

・釣りに関して、以下の変更が行われます。

>釣り待機状態でコーディアルなど薬品・食事アイテムが使用できるようになります。

やったぜ。

・未知/伝説の採集場所において、採集中であれば出現時間が終わっても強制的に採集が終了しなくなります。

やったぜ。

・パッチ3.xで追加された未知/伝説の採集場所の出現時間が、エオルゼア時間 1時間 → 2時間 に変更されます。

やったぜ。

・伝説の採集場所の出現する時間帯が変更され、エオルゼア時間の午前と午後どちらでも出現するようになります。

やったぜ。

・刻限の採集場所で採集できる精選対象アイテムがHIDDENではなくなります。

やった・・・えっ!?

これで精選によるクリスタルやクラスターの入手が捗りそうですね。

あとは刻限の採集場所が紅蓮エリアにもあるかどうかですね。

蒼天エリア以上に出現するクリスタルの量が増えているなら、ギャザラーのいい金策になると思います。

・精選により入手できるアイテムの種類、および出現率が整理・調整されます。

これも気になる記述。

クリスタルや霊砂の出現率が変更されているみたいなので、試してみないとちょっと分からないです。

・採掘師/園芸師の蒐集品採集にて、アイテム入手時にHQ判定だった場合、蒐集価値が大きくなるよう調整されます。

これは思っていました。

蒐集品採集時にHQが発生したのにあまり意味がなかったので、これで獲得力だけでなく識質力を上げることも大事になってきますね。

・採掘師/園芸師の蒐集品採集において、負荷が超過した際の獲得率上限が、10% → 30% に変更されます。

うーん、30%なら無理やり蒐集価値を上げて、紅蓮エリアの難しい蒐集品を入手するというやり方もできなくはなさそうです。

・マイスターの変更が1週間に3回までに制限されます。

マイスターとは・・・。

まあそんなわけで、新式装備などを作る時には気を付けたいですね。

・新たな「伝承録」が追加されます。

!!

・ロウェナ商会取引の蒐集品納品にて、プレイヤーがレベル60以上の場合、レベル「60★」以下のアイテム納品時の獲得経験値の上限が10,000 に変更されます。

蒐集品をためこんでおいてレベリングするというやり方も考えたのですが、こちらも対処してきました。

まあ、もらえないよりかはいいですね。

・「クラフタースクリップ」「ギャザラースクリップ」に関して、以下の追加/変更が行われます。

>「クラフタースクリップ:黄貨」「ギャザラースクリップ:黄貨」は、レベル70からロウェナ商会取引の蒐集品納品にて取得可能になり、最大2,000個まで所持することができます。

>「クラフタースクリップ:黄貨」「ギャザラースクリップ:黄貨」は、「紅蓮のリベレーター」正式サービス開始から約2週間後の追加を予定しています。

パッチ4実装時には黄貨は実装されないんじゃないかとは言いましたが、本当にずらしてきた・・・。

しかし2週間ですか、オメガノーマル実装時ですね。(もしくはその週の木曜日)

つまり、ギャザラークラフターはそこから2週間後のオメガ零式実装までに黄貨を駆使して装備なり何なりを集めないといけないわけですね・・・!

これはたいへんだ・・・。

>「クラフタースクリップ:赤貨」「ギャザラースクリップ:赤貨」の1週間の取得上限が撤廃されます。

これは前から言われていたことですね。

問題は赤貨で交換できるものが何か、ということだけですね。

>アーマリーチェストの各部位の保存数が 25個 → 35個 に増加します。

>所持品の総量が 100個 → 140個 に増加します。

ありがたい・・・。

でもリテイナーの所持数は増えないですよね?

後半もまとめ終わりました。

個人的にはクラフター・ギャザラーの新アクションにすごく興味があります。

スキル回しも一新しそうなので、楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    >新規実装の、クラフターのクラスクエスト専用レシピも経験値は獲得できません。

    が気になる。

    要するに、これからクラフターのクラスクエストはマーケットでアイテムを買ってクリアできなくなるということ!?

    この部分がよくわからないのですが、どう言うことでしょうか?

    • ハチメン より:

      まだ実装されていないので推測の域を出ないのですが、どうやら紅蓮編からクラフターのクラスクエストは普通のレシピではなく、専用のレシピで作らなければいけないっぽいんですよね。
      普通のレシピならマーケットに出品できるので、購入すればそれを納品するという手が使えるのですが(納品は他人が作ったアイテムでも可能)、わざわざ専用レシピと書いているので、この専用レシピで作ったものはマーケット出品不可なのではないか?という予想ですね。
      孤児院の日用品や青燐タンク部材などの専用レシピ品はマーケット出品できないので、このクラフター専用レシピもそうなんじゃないかと。
      だた、あくまでも予想なので、あしからず。