【FF14】暗黒騎士のPvPスキル・88フィーストの立ち回り(パッチ4.06a版)

前回は機工士について書いたので、今回は暗黒騎士です。

フィーストでの暗黒騎士の特徴はこんな感じです。

・生存能力が高い

・ヒーラーの妨害から敵への強襲など様々な行動ができる

・自分や味方にバリアを張ることができる

・MPの管理がポイント

スポンサーリンク

解説

スキル

詳しいスキル説明はこちらをご覧ください。
http://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/darkknight/#pvp

-簡易表-

WS・・・ウェポンスキル
AB・・・アビリティ
BB・・・ブラックブラッド

スキル名 種類 威力 TP/MP/BB 効果
ハードスラッシュ WS 750 コンボI・IIの起点
スピンスラッシュ WS 1000 コンボI
パワースラッシュ WS 1500 コンボI・対象が受ける回復魔法の効果10%減少
サイフォンストライク WS 1250 コンボII
ソウルイーター WS 1250 コンボII・与ダメージ100%分HP吸収・MP1000回復・BB20増加
ブラッドスピラー WS 2000 BB50 対象を沈黙
アンメンド 魔法 500 MP2500 対象を10m引き寄せる
ブラックナイト AB MP2500 自身または味方に一定量ダメージを防ぐバリアを張る・バリアが消費されるとBB20増加
ロウブロウ AB 750 TP300 対象をスタンする
プランジカット AB 500 対象に急接近して攻撃・自身がノックアウトかアシストを獲得するとリキャストタイム解消
ソウルサバイバー AB 対象が受けるダメージを10%上昇・効果中に対象が倒されると自身のHPMP25%分回復・BB50増加
グリットスタンス AB 自身の被ダメージ25%減少・与ダメージ25%減少

○コンボ

ハードスラッシュを起点として、スピンスラッシュ~パワースラッシュとサイフォンストライク~ソウルイーターの2種類のコンボへと派生します。

パワースラッシュは対象が受ける回復魔法の効果を10%減少させる効果があり、ソウルイーターはHPMPを回復しBB(ブラックブラッド)のゲージを増やすという効果があります。

スキルの威力はそれぞれ違いますが、どちらのコンボも総威力は3250と変わらないので、状況に応じて使い分ければいいですね。

基本はMPを回復させるソウルイーターが中心になると思います。

○ブラッドスピラー

BBを50消費することで、威力2000の攻撃を行いつつ対象に沈黙を付与します。

ヒーラーの妨害のために必須というべきスキルですが、BBをためない限り使えないので、使いどころには注意が必要です。

暗黒騎士が使うスキルの中で最も高威力の攻撃でもあるので、ダメージ量を増やすことにも役立ちます。

○アンメンド

対象をこちらの方へ引き寄せるスキルです。

多少離れてても使用することができるので、逃げようとする敵を逃さないために使うことができます。

HPが減った敵や逃げようとするヒーラーなどに使うのがいいですね。

ただ、MP2500を消費するので、あまり多用できないと思います。

○ブラックナイト

暗黒騎士の生命線とも言うべきスキルです。

自身の最大HP20%分のバリアを自分やパーティーメンバーに付与することができます。

HPアップの特性を付ければ最大HPは16000を超えるので、だいたい3000ちょっとのダメージを無効化できるわけですね。

味方にバリアを張ってもいいですが、基本は自分に使うことになると思います。

ブラックナイトのおかげで敵陣の中に居座る時間を増やせるので、そのスキにヒーラーの妨害などを行うことができます。

しかもリキャストタイムが10秒と短めなので、どんどん使っていくことも可能です。

こちらもMP消費が2500なので、MPの管理が重要です。

○ロウブロウ

対象にスタンを付与します。

暗黒騎士がTPを使用するスキルはこれだけなので、比較的運用に余裕があります。

ヒーラーの妨害に有効的に使っていきたいです。

○プランジカット

対象に急接近して攻撃します。

逃げようとする敵に追い打ちをかけたり、ヒーラーを強襲してそこから妨害スキルを使ったり、様々な場面で使えると思います。

○ソウルサバイバー

対象が受けるダメージを10%増加させます。

さらに追加効果として、効果中に対象をノックアウトさせると自身のHPMPが25%回復し、BBが50増加します。

リキャストタイムが60秒のため多用はできませんが、バーストのタイミングなどに使っていきたいです。

○グリットスタンス

被ダメージが25%減少する代わりに与ダメージが25減少します。

暗黒騎士の立ち回り

○基本

メインはヒーラーの妨害になります。

攻撃力は決して低くはないですが、高いというわけでもないので、ここはタンクの性能を生かして妨害に徹します。

特に、ブラックナイトやソウルイーターを活用すればかなり長い時間敵陣の中に居座ることができるので、ヒーラーに常に攻撃を加えて焦らせることができます。

あとは適度に沈黙やスタンを付与して、詠唱を止めていけばいいですね。

ただ、88フィーストは集中攻撃を受けるとタンクであっても落とされてしまうので、引き際の見極めは大事です。

アンメンドとプランジカットを使って自分と相手との距離を調整していくのも重要ですね。

○ブラックナイト

暗黒騎士がブラックナイトを使う機会は非常に多いです。

MPさえあれば常時付与してもいいくらいですね。

効果時間が5秒間とちょっと短いですが、それでもバリア分のダメージを無効化できるというのはとても強力です。

それにバリアがダメージによって消滅すればBBが20増える効果もあるので、結果的にヒーラーの妨害、攻撃力のアップも狙うことができます。

ただ、MP消費が2500なのでリキャストごとに使用しているといずれはMPが枯渇してしまいます。

バリアを張って耐える場面とヒーラーに回復してもらう場面を用意して、MPを自然回復する時間を作りたいところです。

また、コンボのソウルイーターを決めればMPを回復させれば使用回数が増え、HPも回復するので、ブラックナイトとソウルイーターを併用して生き残ることを目指せばいいですね。

○ブラックブラッド

BBのゲージが増える条件は3つあります。

・コンボのソウルイーターを決める
・ブラックナイトのバリアがダメージによって消える
・ソウルサバイバーを付与中にその対象をノックアウトする

基本はソウルイーターとブラックナイトでゲージを増やすことになります。

BBはブラッドスピラーにしか使いませんが、威力2000と強く、沈黙を付与するので、ゲージを増やすことで様々な面で役に立ちます。

敵陣の中にいる方がむしろためやすいと思うので、そこからヒーラーの妨害に使っていきたいですね。

○攻撃対象

基本はヒーラーを攻撃し、妨害します。

妨害だけでなくダメージを与え続けるだけでもヒーラーへのプレッシャーになるので、妨害と共に攻撃を続けていきます。

後はアンメンドやロウブロウをHPが減っている敵に使うなど、ノックアウトのチャンスを見逃さないようにしたいです。

対暗黒騎士の戦い方

ソウルイーターとブラックナイトの存在によって落とすのがかなり難しいです。

生存能力を過信して前に出過ぎている暗黒騎士を集中攻撃によって落とすしかないですね。

ただ、グリットスタンスを入れているならあまり攻撃は痛くないので、ヒーラーが妨害されていないなら敢えて無視するのもありだと思います。

アディショナルアクション

快気や堅守辺りが無難だと思います。

MPのために魔気を入れるという考え方もありますが、MPの回復はそれほど難しくないので、無理に入れなくても大丈夫だと思います。

PvP特性

ブラックナイトのためにも最大HPアップは入れたいです。

後は被ダメージダウン、リキャスト短縮などを入れつつ、ちょっと物足りないなら行動速度アップを入れてもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする