【FF14 金策】 エンドコンテンツ用の食事(パッチ3.5版)

入手方法

調理師で製作する

今回のテーマ

パッチ3.5に合わせて過去記事の書き直し

スポンサーリンク

解説

今回はエンドコンテンツ食事編の記事を現パッチに合わせて書き直します。

ー旧記事ー

といっても機工城アレキサンダー天動編零式は実装からかなり日数が経ってしまったため、以前より需要は減っています。

ただ、価格も下がったとはいえ、まだまだ売れる商品なので稼ぐことができると思います。

食事は欲しいリストが多いものを基本的に狙えばいいと思うので、今回は売り方をまとめてみます。

売り方のパターン

エンドコンテンツ向けの食事の稼ぎ方は3種類あります。

・強力な食事を作る

・安価な食事を作る

・次のエンドコンテンツまで塩漬けする

まずは強力な食事を作ることからです。

これは単純に調理60☆☆☆☆の一番ステータスが上がる料理を作ることですね。

プリーストオムレツやヘヴンスエッグノッグなどが該当します。

クラフターのレベルと装備をしっかり強化しているプレイヤーしか作れないので、その分稼ぐことができます。

狙えるならこのやり方を狙ったほうがいいと思います。

次は安価な食事を作ることです。

実はエンドコンテンツであっても安価な食事で済ますプレイヤーが存在します。

これは装備のILが上がったためこの程度の食事でもクリアできるようになったことや、練習用として使っていることがその理由だと思われます。

他にも普段用やレベリング用にもなるので、それなりに売れるアイテムとなっています。

低レベルなのでHQが簡単に作れること、材料が集めやすいことが利点ですね。

フリントキャビアやアプカルオムレツなどが該当します。

そして、塩漬けです。

上記のようにランクの落とした料理が今も売れることを考えると、拡張後に実装されるオメガ零式でも調理70の料理だけでなくそれよりレベルの低い料理が売れると推測できます。

そこで、その時まで材料だけを集めて、エンドコンテンツ実装時に作るというやり方です。

実装時は需要が増加しているので今より高い値段で売れる可能性があり、うまくいけば稼げるかもしれません。

その頃になればクラフターの装備も相当格上になっているので、塩漬けした材料をHQ品に作りやすくなると思います。

今は60☆☆☆☆の料理を作れなくても、その時に作って稼ぐために材料を集めておくやり方になります。

以上がエンドコンテンツ関連の食事で稼ぐやり方になります。

自分のクラフターのレベルに合わせてやり方を変えていけばいいと思います。

では、最後に人気の食事を紹介します。

・プリーストオムレツ

全戦闘用料理で一番人気があります。

マイスターレシピから外れたので誰でも作ることができます。

ただ、その分ライバルも非常に多く、値下げ合戦も激しいので、マーケットを確認して検討してみてください。

・ベイクドピピラ・ピラ

プリーストオムレツと同じくクリティカルが上がる料理なので人気があります。

プリーストオムレツより作りやすいため、出品価格は下がりますが、売れるアイテムとなっています。

・嵐神魚の姿蒸し

こちらもクリティカルが上がる料理です。

嵐神魚は現在ギャザラースクリップ:青貨で交換(ジュエルマリモと同じ交換レート)となっているので、以前より入手しやすくなっていると思います。

プリーストオムレツより難易度は低いので、場合によってはこっちを狙ってもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする