【FF14で金策をする】 ヘヴンスエッグスープ

入手方法

調理60☆☆☆
秘伝書4巻

ヘヴンスエッグ     ×1
固形ブイヨン      ×1
ロースベーコン     ×1
サイクロプスオニオン  ×1
オーガパンプキン    ×1
ローレル        ×1

ファイアクラスター   ×3
ウォータークラスター  ×3

作業精度 870以上
加工精度 835以上

今回のテーマ

これから需要が増えそうな料理で稼ぐ

スポンサーリンク

解説

ヘヴンスエッグスープはクラフターの能力を上げる料理です。

効果は以下の通りです。

~NQ~

加工精度 +7% (上限62)
作業精度 +5% (上限42)
CP +3% (上限8)

~HQ~

加工精度 +9% (上限77)
作業精度 +6% (上限53)
CP +4% (上限10)

作業と加工精度を大幅に上げることができる強力な料理となっていますが、現状ではあまり使われていません。

いくつか理由があります。

・ガーロンド装備をマテリア禁断すればステータスが足りる

ヘヴンスエッグスープを使うケースを考えると、60☆☆☆☆の製作に対して足りないステータスを補うというのが主な使い方になると思います。

ただ、現在の最高装備であるガーロンド装備はマテリア禁断をすれば製作可能なステータスに達することができるので、わざわざヘヴンスエッグスープを使う必要がありません。

・トマトシチューHQの汎用性の高さ

ガーロンド装備のマテリア禁断の仕方によっては、若干加工精度が足りないケースもあり得ますが、それならヘヴンスエッグスープではなくトマトシチューで十分です。

~NQ~

CP +12% (上限40)
加工精度 +4% (上限25)

~HQ~

CP +15% (上限50)
加工精度 +5% (上限31)

トマトシチューはヘヴンスエッグスープより作りやすいだけでなく、加工以外にCPも上がります。

そのため、ガーロンド装備のプレイヤーにとっては60☆☆☆☆が作れるようになるだけでなく、大幅に上がったCPを使ってHQ品を作りやすくなります。

以上の理由から、ヘヴンスエッグスープはあまり使われていません。

ではなぜヘヴンスエッグスープを扱うのかというと、今後需要が増える可能性があるからなのですが・・・正直に言いますと今回の商材はどちらかと言えば、今現在売れるものではなく仕込むタイプになります。

読みが外れれば稼げないかもしれないので、注意してください。

それでは、今後需要が増えるかもしれない理由です。

まず、ガーロンド装備をマテリア禁断するには多額のギルがかかるため、全てのクラフターがガーロンド装備を揃えられるわけではありません。

費用を抑えるために赤貨強化装備にしているプレイヤーもいます。

そういったプレイヤーも60☆☆☆☆を作ろうと考えるとは思うのですが・・・実は赤貨強化装備の場合、製作可能なステータスへ達するためにはヘヴンスエッグスープHQくらいしか手段がありません。

↑の記事を見ていただければ分かりますが、赤貨強化装備だとヘヴンスエッグスープHQを使うことで、ぎりぎり製作可能なステータス(マイスターを除く)になるのです。

そのため、この装備で60☆☆☆☆を作りたいと考えるプレイヤーに向けてヘヴンスエッグスープHQが売れるのではないかというのが理由の1つです。

また、もう1つの理由が週制限です。

赤貨強化装備は週制限で入手できるものなので、装備がそろうまでに時間がかかります。

ガーロンド装備に興味がないプレイヤーは赤貨強化装備を揃えていくことになるので、時間が経つほど装備数は増えます。

それにパッチ3.4実装からそろそろ3か月が経過します。

副道具やアクセも装備が揃ってきて、少なくともマイスターの分くらいは装備が揃ったのではないかと予想できます。

装備が揃いつつあるので需要が増えるかもしれない、というのが理由になります。

あとは今後の話になりますが、パッチ3.5の実装がもうすぐです。

このパッチもいつものようにマイスター縛りがなくなるはずです。

アクアリウムG4などのNQ品でも稼げるアイテムを作れるようになるので、パッチ3.5で稼ぎたいと考えるプレイヤーにヘヴンスエッグスープが売れるのではないかという予測ができます。

このヘヴンスエッグスープはマイスターでなくても作れるので、今後は売れそうと判断するのであれば狙ってみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする