【FF14で金策をする】 彫金師のレベルを上げる利点 できることと稼げるもの

FF14のクラフターは8種類あります。

クラフターを始めようと考えているプレイヤーはどれから始めればいいのか、どのクラスを上げたらどんなことができるようになるかが、イマイチ分からないのではないでしょうか。

各クラスを紹介していくので、参考にしていただければと思います。

今回は彫金師です。

スポンサーリンク

彫金師のポイント

作れるもの

彫金師が作れるものは様々なアクセサリや金属材、石材を作れます。

また、両手呪具、天球儀、裁縫主道具なども作れます。

・アクセサリ

戦闘、ギャザクラ全般

・武器や道具

呪術師・占星術師・裁縫(主道具)

彫金師は数多くのアクセサリを担当しています。

そのため、レベリング中の装備更新にはかなり役に立ちます。

ただ、アクセサリといえば彫金師だったのですが、高レベル帯では木工師などもアクセサリを担当しているので、彫金師だけで全て済ますことはできないようになりました。

また、ポイントになるのは金属材や石材です。

金属材は鍛冶師などが作れますが、彫金師が担当しているのは全く違うタイプの金属です。(一部は重複します)

彫金師しか作れない素材は他のクラスも使用するため、彫金師のレベルを上げることで、費用を抑えることができます。

専用アクション

Lv15 マニピュレーション
Lv37 堅実作業
Lv50 イノベーション
Lv54 堅実の心得

彫金師はアート系などを覚えないため、4種類の独自のアクションを覚えることができます。

アクションの内容ですが、彫金という華やかなものを扱うのに対して、覚えるアクションは地味でコツコツしたものばかりです。

絶対に覚えなければならないというわけではありませんが、状況によってはとても有効なものばかりとなっています。

まずは「マニュピレーション」です。

「マスターズメンド」と耐久の回復量は同じですが、毎ターン耐久を10回復させるという特殊な回復の仕方をします。

これは、総耐久が40や35のような少ないケースのとき、「ステディハンド」などの長いターン効果を持つアクションと併用させる場合に便利です。

次は「イノベーション」です。

↑「イノベーション」とは違ったアクションですが、このアクションの説明をしています。

3ターンの間加工精度50%上昇させることができるので、「ビエルゴの祝福」と組み合わせたり、耐久を使わずに品質上昇値を上げたりするときに役立ちます。

最後は「堅実の心得」です。

「確信」とどちらを使うか迷うアクションですが、大きく作業を進めることができるので、スキル回しがうまくいかないときに検討してみるのもいいと思います。

稼げるアイテム

彫金師の稼げるアイテムは、まずはアクセサリになります。

戦闘職だけでなく、ギャザクラ向けにも作れます。

特にギャザクラはアクセサリによってCPやGPを大きく上げられるため、出品してもいいですし、自分用に使ってもいいですね。

また、戦闘用アクセサリは高レベル帯が低レベル帯と比べてステータスの上昇値がかなり大きくなったため、以前より重要視されるようになりました。

高レベル帯のアクセサリでも稼げると思います。

もう1つ狙えそうなのが石材や金属材となります。

いろいろな砥石や切石、各インゴットや宝石類など彫金師しか作れない素材で稼げると思います。

ただ、最近は緩和によって入手しやすくなった素材もあるので、作る前にマーケットで値段をチェックすることは欠かさないでください。

レベル上げのポイント

クラフターのレベルを上げるやり方は、グランドカンパニー納品、リーヴなど様々なやり方があります。

彫金師に限って考えると、まずは採掘のレベルを上げた方がいいですね。

石材・金属材を主に使用するので、採掘をやっていれば材料を自分で仕入れて費用を安く抑えることができます。

しかも彫金師は自前で材料を用意するケースが多いので、彫金師単独でもレベルを上げやすいです。

もちろんアイテムによっては木材・革材・錬金素材を使用するので、他のクラスのレベルを上げれば費用を節約できます。

ヴォイドマンドレイク、アルジクラベンダーの登場によって素材が入手しやすくなっているので、材料の入手先には注意してください。

マーケットで安く買える可能性があるので、得なやり方を選びましょう。

効果的なアクションを覚え、様々なアクセサリを作れるので、サポート能力は高いと思います。

クラフターを強化したいならレベルを上げましょう。