【FF14 金策】新式装備(パッチ4.05版)

入手方法

クラフターで製作する

今回のテーマ

新式装備や関わるアイテムで稼ぐ

スポンサーリンク

解説

パッチ4.05実装から2週間以上が経過してしまいましたが、肝心の新式装備についての記事を書いていなかったですね・・・。

しかもかなり値下がりしてしまったという・・・。

そこで今回は新式装備の稼ぎ方だけでなく、何故新式装備が金策の候補として挙がるのか、今後の新式装備はどうなっていくかなどを交えてまとめてみます。

新式装備の金策

新式装備というのはレイド、今回で言うとオメガ零式のような高難易度コンテンツが実装される際に同時に実装される装備のことです。

そのタイミングで実装される装備のことを新式装備と呼んでいるので、パッチ3.4で追加された装備もパッチ4.05で追加された装備も全て新式装備ということになります。

ではなぜ新式装備が金策として使われるのか、いくつか理由を挙げてみます。

・レイド攻略にほぼ必須

オメガ零式のような高難易度コンテンツはギミックの理解だけでなく、装備もしっかり強化しないとクリアすることはできません。

そのため、新式装備を用意することでレイド攻略を目指すわけですね。

新式装備が優れているのは、マテリア5禁断ができるということにあります。

レイド攻略前に実装される装備と新式装備のILはほとんど変わらないのですが、新式装備はその中で唯一マテリア禁断をすることができます。

ステータスを大きく伸ばすことができるので、高難易度コンテンツクリア前に入手できる装備の中では最強装備となり、レイドのクリア率を少しでも上げることができるわけですね。

それに新式装備より強いILの装備はだいたい週制限がかかっているため、なかなか入手ができません。

最初は装備が揃いきっていないので、新式装備の需要が増えて、新式装備が売れるということになります。

・そのパッチでの製作難易度が最高

新式装備が金策として使えるのは供給の少なさも理由の1つです。

だいだいどのパッチも新式装備はその時点のレシピで、最高難易度で実装されています。

こういったレシピは製作可能条件が設定されているのですが、普通のクラフターの装備では製作に参加すらできません。

しかも新式装備はHQ品でなければまず需要がないので、HQ品を作れるほどのステータスでなければいけないのです。

それにはクラフターの装備を相当禁断する必要があり、そこまでできるのはどのサーバーでも一部のプレイヤーだけです。

製作難易度が高いために作れる人が少なくなり、結果的に供給が少なくなり新式装備の値段が高騰するという形になります。

・材料も最先端のものを使用する

また、新式装備の材料は基本的にそのパッチでの最先端のものを使用します。

蒼天編以後になってからは伝説素材を使うみたいなことですね。

伝説素材も採集難易度は相当高いため、こちらもギャザラーの装備をしっかり強化していないと採集ができません。

レシピの製作難易度だけでなく、材料の入手難易度も高いため、新式装備の値上がりに拍車をかけています。

だいたいこれらが新式装備が高くなる、稼げる理由ですね。

レイドをクリアするためにどうしても必要なのに、製作難易度が高く供給が少ないため高騰しやすい、高騰するから稼ぎも増える、これが新式装備が稼げる仕組みとなります。

ただ、仕組みが分かったとしても誰でも参入できるような代物ではないので、FF14のサービス開始から今になっても金策手段としてトップクラスのやり方になっているのです。

新式装備の値動き

ではだいたいどれくらいの値段で取引されているのか、サーバーやパッチの状況によって大きく異なるので確かなことは言えませんが、だいたいこんな感じです。

・実装時

武器    100万前後
防具    40~50万
アクセサリ 20~30万

どの装備も当たり前のように数十万単位で取引されます。

ところが・・・。

・1週間経過

武器    40~50万
防具    20~30万
アクセサリ 10万~20万

・2週間経過

武器    30万前後
防具    10万~20万
アクセサリ 10万前後

1週間経過するだけで取引価格が半額以下になったりします。

それくらい新式装備の値崩れは早いです。

なぜこんなにも値段が下がってしまうのか、これも理由はいくつかあります。

○レイドをクリアしたため、もっと強い装備を入手できた

○新式装備の製作難易度が判明してからマテリア禁断をしたプレイヤーが参入しだした

○自分の装備を売りたいため値下げ合戦を始める

複数の理由があるため、新式装備の値段はだいたい下がります。

では値段が下がるまで売れないかというとそんなことはなく、実装後はどんどん売れます。

結局は値段が下がるまでにいかに売り切るかということですね。

この時は材料費も高騰するので、材料をどこまで仕入れるか、その見極めが大切です。

そうして新式装備の値段、材料費共に安くなっていき、徐々に稼ぎが減っていくということになります。

ただ、今の時期でも新式装備はちょっとずつ売れますね。

レイドに挑戦するプレイヤーの装備が揃いきるまでは、じわ売れの時期がしばらく続いていくはずです。

新式装備関連

新式装備はこれだけの値段のものがどんどん売れるため、金策としてはトップクラスのものとなっています。

ただ、新式装備を作れるクラフター装備を揃えるのは大変なので、自分にはちょっと無理だと感じるなら関連するもので稼いでもいいですね。

実装当時の新式装備の材料は高騰する傾向があるので、新式装備を作れないならその材料を集めるだけでも稼ぐことができます。

それに上記のような高難易度だけでなく、今回で言うと玉糸やパラースナゲットなど通常の素材でも使われるものがあるので、それを集めてもいいですね。

今回は戦闘で入手できる真理素材もありましたし、いろいろ稼ぐ方法はあると思います。

今後の新式装備

今回の新式装備の値段は落ち着いてしまったので、次に大きく稼ぐチャンスはおそらくパッチ4.2の次のレイドだと思います。

もしそこで新式装備を作って稼ぎたいと思うなら、パッチ4.2かそこまでのパッチの間にもう1段階上のクラフター装備が実装される可能性があるので、それを入手し、場合によってはマテリア禁断して強化する必要があります。

ただ、どのステータスを上げるかというのは非常に難しい判断です。

70星2は作業精度1320以上、加工精度1220以上が条件ですが、次はおそらく70星3なので製作条件は不明です。

それに今回よりちょっと難しくなるような気がするんですよね。

今回は紅蓮実装からまだ日が浅いため準備期間が短く、そんなに難易度を上げてこなかったので、70星3は今回より難しくなっている可能性があります。

とりあえず今できることはクラフターのマテリア類を集めて準備をすることだけですね。

もちろんあらゆるスキル回しに対応するため、クラフター全クラスのレベルを上げる、クラスクエストを終わらせるなどやることはいっぱいです。

それだけハードルの高い稼ぎ方ですが、その稼ぎは相当なので、チャレンジしたいと思うならチャレンジしてみてもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    過密鯖では特に値下がりが早いので
    作った端から捌かないと赤字になる可能性があります
    とはいえ過密なら回転も早いので高値で売る事に拘らなければ利益は大きく出ます
    少し売っただけで投資額を回収しようとすると裏目に出るので
    継続して作り続ける事が新式製作で稼ぐコツだと思います。

    • ハチメン より:

      過密鯖はライバルも多くて大変そうですね。
      ただ、その分だけ回転率を意識すればいいということなので、やはりサーバー人数によって売り方を工夫する努力が必要になるなあと実感します。

      継続して作り続けるという事はすごく共感できます。
      だいたい新式装備の材料も同時に値段が下がっていきますし、それを利用すれば売上が下がっても利益は確保できるわけですし。
      新式装備の需要が続く限り、それを逃さないようにしたいですね。