【FF14】侍のPvPスキル・88フィーストの立ち回り(パッチ4.11版)

前回は学者について書いたので、今回は侍です。

フィーストでの侍の特徴はこんな感じです。

・近接DPSの中で唯一キャスト技がある

・閃をためて様々な技を繰り出す

・反撃ダメージ技を持っている

・剣気を使いこなせるかどうかでDPSが大きく変わる

スポンサーリンク

解説

スキル

詳しいスキル説明はこちらをご覧ください。
http://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/samurai/#pvp

-簡易表-

WS・・・ウェポンスキル
AB・・・アビリティ

スキル名 種類 威力 TP/剣気/閃 効果
刃風 WS 750 コンボI・剣気5上昇
陣風 WS 1000 コンボII・剣気5上昇
士風 WS 1000 コンボIII・剣気5上昇
雪風 WS 1250 コンボI・剣気10上昇・自身から対象に与えるダメージ10%上昇・雪の閃付与
月光 WS 1500 コンボII・剣気10上昇・月の閃付与
花車 WS 1500 コンボIII・剣気10上昇・花の閃付与
燕飛 WS 750 TP150 対象に遠隔攻撃・剣気10上昇
居合術 WS 閃1:彼岸花・閃2:天下五剣・閃3:乱れ雪月花が発動
必殺剣・震天 AB 1500 剣気20
必殺剣・早天 AB 1000 剣気20 指定した地点に向かって素早く移動・移動上にいる対象にダメージ
必殺剣・地天 AB 1000 剣気20 自身の被ダメージ50%軽減・被ダメージ時に反撃効果・反撃時剣気5上昇
明鏡止水 AB TP250 コンボを最終段階に置き換える
彼岸花 WS 1000 閃全消費 追加で継続ダメージを与える・効果時間に対象が倒されると剣気50上昇
天下五剣 WS 1500 閃全消費 対象に向かって扇範囲攻撃・2体目以降は威力減衰・対象を6mノックバック
乱れ雪月花 WS 3000 閃全消費

○コンボ

侍は3種類のコンボがあります。

威力が少し下がるが対象に与えるダメージが10%上昇するコンボIと、威力や効果が全く同じのコンボII・IIIとなっています。

また、コンボ成功時にそれぞれ雪の閃・月の閃・花の閃を付与します。

これはコンボごとに付与する閃が決まっているので、同じコンボを繰り返しても閃は増えません。

○燕飛

TPを消費しますが、遠隔攻撃を行うことができます。

近接DPSはとにかく攻撃をするチャンスを作るのが大変で、だいたいTPも余りがちになってしまいます。

そのため、TPを余らせるくらいなら燕飛を飛ばせばダメージを与えられますし、剣気もたまります。

TP消費も150なので、それなりに使っても大丈夫です。

敵に近づけない時はこのスキルで剣気をためて準備をすればいいと思います。

○居合術

閃の数によって効果が変わります。

これはどの閃を付与しても一緒で、数だけで判断されます。

どれも強力な攻撃を行うことができるのですが、注意しなければいけないのが居合術はキャストタイムが存在するということです。

敵陣の中で居合術を放つのは相当リスクが高いので、必殺剣・地天(後述)を使うなどの工夫が必要になります。

ただ、多少距離が離れていても居合術を放つことができるので、距離を調整することで安全を確保してもいいですね。

閃1:彼岸花

威力1000の攻撃を行います。

追加効果として威力250・効果時間30秒の継続ダメージを与えることができます。

DOTダメージは3秒に1回なので、計2500のダメージですね。

合わせると威力3500のダメージとなるので、実は最大威力のスキルとなります。

最初は彼岸花をばら撒くことでダメージを蓄積していけばいいと思います。

閃2:天下五剣

扇型の範囲攻撃を行います。

威力1500の威力減衰攻撃なので、最低でも2人以上に当てればかなりお得な攻撃となります。

ただ、狙って当てるのはちょっと難しいです。

戦闘が混戦模様で範囲攻撃を使った方がいいケース、閃を3つ付与させる途中で当てるチャンスがあったケース、そういった場合に使っていけばいいと思います。

閃3:乱れ雪月花

威力3000の攻撃を与えることができます。

高威力の攻撃ですが、これだけでノックアウトを狙うのは難しいです。

閃を3つ貯めておいて、HPが減って逃げようとしている敵に使ったり、コンボIや必殺剣・震天と組み合わせてダメージを重ねてから使うようにすれば、ノックアウトを狙っていけると思います。

○必殺剣・震天

威力1500の攻撃を行うことができます。

剣気20を使うのにあまり強力でない気がしますが、大事なのはこのスキルがアビリティだということですね。

ウェポンスキルではないので、コンボの間に挟んで使うことができます。

雪風→必殺剣・震天→乱れ雪月花と一気にダメージを叩き込むこともできるので、効果的に使っていきたいです。

○必殺剣・早天

地点を指定して、その位置に瞬間移動します。

侍が持っている唯一の移動技なので、とても重要です。

HPが減っている敵目掛けて飛び込み、コンボや居合術を使っていきます。

また、移動線上にいる対象にダメージを与える効果があるので、移動したい地点よりちょっと先の方を指定した方がダメージを与えることができますね。

なお、ダメージを与えなくても使えるので、一応退避に使うこともできます。

方向の切り替えが慣れないと難しいので、練習して攻防どちらの使い方もできるようにすればいいと思います。

○必殺剣・地天

一定時間自身の被ダメージを50%軽減します。

敵陣に入る時に使うことである程度安全を確保できるので、攻撃のお供に使っていきたいです。

ただ、この効果は敵からの攻撃を3回までしか抑えません。

集中砲火を浴びれば3回なんてあっという間に使い切ってしまうので、過信はできません。

リキャストタイムが30秒なので多用もできないですし、なかなか使いどころは難しいと思います。

単純に狙われている時に堅守の代わりに使うのもいいですね。

明鏡止水

コンボを最終段階に変えることができるので、すぐに閃をためることができます。

TPを250を使うので多用はできませんが、彼岸花や乱れ雪月花の使用回数を増やすために使っていきたいです。

侍の立ち回り

・基本

近接DPS全体に言えますが、88フィーストでは攻撃の機会を作るのが大変です。

敵に近づこうにもすぐに集中攻撃を食らいますし、かといって遠距離攻撃もあまりできません。

そのため、まずはタンクなどの近づいてきた相手に対して攻撃するところから始めます。

剣気や閃を貯めて準備をしつつ、DPSなどノックアウトしやすい相手が来た時にそれらを消費するようにします。

基本は彼岸花をばら撒いてダメージを蓄積させ、相手ヒーラーを消耗させるのがいいと思います。

そこから徐々に味方の攻撃などでHPが減った相手が出てくるので、必殺剣・早天で近づいて攻撃していきます。

あとは必殺剣・地天を使ったり、ちょっとでもヤバいと思ったらすぐに逃げるようにすれば、ある程度安全に戦えると思います。

・居合術

そもそも閃をためること自体が大変ですが、どこまで閃をためるかも重要です。

基本は閃1の彼岸花メインでいいと思います。

総合的なダメージは一番上ですし、閃1で済むので気軽にどんどん放つことができます。

ただ、試合の状況によってはタンク以外がなかなか近づいてこないこともあるので、彼岸花を撒ききれないこともあります。

そんな時は閃3まで貯めて乱れ雪月花を狙っていけばいいですね。

・剣気

剣気を使用するスキルは近接攻撃・移動攻撃・バリアの3種類なので、積極的に使っていかないと余らせてしまいます。

剣気が40あれば必殺剣・早天と必殺剣・地天によって安全はある程度確保できるので、それ以上の分は必殺剣・震天をどんどん使うことでダメージ量を増やしていけばいいと思います。

必殺剣・震天はコンボの間に入れることができるので、合わせて使うとけっこうなダメージになります。

そこから居合術までつなげることが出来ればダメージは相当な量になるので、積極的に使っていきたいです。

・攻撃対象

正直、あまり選り好みはできません。

敵陣にいるヒーラーを攻撃するチャンスはなかなかないと思うので、主にタンクやDPSがメインになると思います。

タンクにダメージを蓄積しつつ、HPが減ったDPSを逃さず攻撃していくというのがいいですね。

対侍の戦い方

近接DPSのため、攻撃するためにどうしても前に出てくるのでそこを狙います。

ただ、必殺剣・地天によってソロでの対峙はかなり不利です。

集中攻撃には弱いので、侍にダメージを与えようと考える時は一人で攻撃しようとは考えず、味方と一緒に攻撃することを心がければいいと思います。

アディショナルアクション

奮起を入れたいところですが、侍はどうやって攻撃する機会を増やすかがポイントになってくるので、敢えて防御面を強化します。

快気や堅守、疾走などを入れることで生き残りつつ攻撃するというようにしていきたいです。

PvP特性

入れたいものが多くかなり悩みます。

行動速度アップ、与ダメージアップ、被ダメージダウン、リキャスト短縮、TP自然回復アップ辺りから自分の好みで選べばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする