オーケストリオン 加工編

入手方法

錬金で製作する

今回のテーマ 譜面を加工して稼ぐ

スポンサーリンク

人気の譜面がある一方、供給が多すぎて値崩れしてしまった譜面がいくつかあります。

オーケストリオン譜は古びた譜面を加工しないといけないので、古びた譜面だけを持っていても意味がありません。

戦闘を主体にやっているプレイヤーはこの譜面を売るしかないのですが、値崩れしているので安く出品するしかありません。

そのため、手に入りやすい古びた譜面はどれも安くなっています。

おかげで加工する側にとってみれば、安く材料を手に入れることができます。

錬金のレベルが上がっているなら、これらを加工して譜面を完成させて売りましょう。

今回もどの譜面が売れるかはマーケット次第ですが、意外と加工するだけでも値段が上がるので利益は出しやすいはずです。

基本的には、

・投売りされている譜面を加工して売る

・ちょっと高めの譜面を加工してさらに高くして売る

の2パターンになると思います。

上のやり方ならIDやモブハンなどで手に入る譜面がかなり安くなっているので、それを加工するのがいいでしょう。

下のやり方なら極蛮神くらいなら数万ギルくらいで手に入るので、それを加工してちょっと高めに売りましょう。セフィロトはまだ周回している人がいるので、その譜面を加工するのもいいと思います。

どちらか自分が稼げるやり方を選びましょう。

ところで、このやり方で1つ気をつけることがあり、ある譜面だけは材料が特殊になっています。それが、「悠久の風」と「Answers」です。

悠久の風は、「奈落へ」「ドーガとウネの心」「最後の死闘」の3つの古びた譜面が必要です。

Answersは、「雷鳴」「白銀の凶鳥、飛翔せり」「Answers」の3つの古びた譜面が必要です。

これらは譜面を3つも使うので、材料費がかさみます。

3つも使うので高く売れそうな気がするのですが、なぜか原価割れするケースがあります。

もし製作する時は、ちゃんと黒字になるか計算しましょう。