オーケストリオン ドロップ編

入手方法

IDなどのクリア時にドロップする

今回のテーマ ドロップ品で稼ぐ

スポンサーリンク

オーケストリオンが実装されてしばらく経ちましたが、それでも一部のオーケストリオン譜の値段は高いままです。

単純に需要に供給が追いついていないだけなのですが、その状況を利用して稼ぐことができます。

ハウジングがないとあまり実感が沸きませんが、家の中のBGMを変えれる機能はなかなか良く、家持ちのプレイヤーはオーケストリオン譜を欲しがっています。

家持ちはギルを持て余しているはずなので、そうした相手に稼ぎましょう。

今回はドロップする古びた譜面を狙っていく金策です。

まず、IDなど様々な場所で古びた譜面が手に入りますが、通常のIDからドロップする譜面は相当値崩れしてしまっているので、売れません。

やはり通常のIDはエンドコンテンツと比べて行く回数が多いので、自然と供給も多くなり、在庫が過多気味になってしまいます。

そこで人気のある譜面を考えると、出にくい手に入りにくい譜面が該当します。

クリスタルタワー関連の譜面は元々高かったのですが、パッチ3.26から必ず出現するようになったので、値段は下がってきています。それでも人気の譜面は高いです。

PVPが好きな方なら、対人戦績で交換するのもいいですね。なぜか交換できるのは古びた譜面の方ですが。

あとはやはりエンドコンテンツから出る譜面の人気は高いです。

極蛮神系は周回しやすいのでエンドコンテンツの譜面の中では安い方ですが、それでも数万ギルはします。

嵐神のデミマテリアのように、譜面や馬など複数のものを狙って周回すれば、より稼げますしモチベーションも維持できると思います。

古びた譜面の中で一番稼げるのは、やはりバハ関連のようです。

バハからドロップする、「雷鳴」「白銀の凶鳥、飛翔せり」「灰より生まれし者」「Answers」は全て数十万ギルクラスで取引されているので、1個手に入れるだけでも相当稼げると思います。

パーティの腕があれば下限レベルで挑戦して入手量を増やすというやり方もあるので、もし可能なら挑戦してみるのもいいかもしれません。

ただ、コンテンツの難易度だけでなく下限で挑戦できるようなパーティ自体を作るのが難しいと思うので、基本的には制限解除で周回するのがいいと思います。

戦闘のみでもできる金策なので、戦闘派の人は狙って稼ぐことができると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする