【FF14】調理品を軽く解説(パッチ5.35版)

今回は調理品についてです。

調理品は消費アイテムの1つで、使用することでステータスを上げることができます。

~調理品の種類~

調理品自体は特にカテゴリー別に分かれているわけではないですが、戦闘用・クラフター用・ギャザラー用の3種類があります。

例えば戦闘用ではHP・攻撃力などが上昇し、クラフター用だと作業精度やCP、ギャザラーなら加工精度やGPが上がるというわけですね。

戦闘用であればID開始前・レイド前開始前などに使用することで役立てることができます。

~メリット~

調理品のメリットは多いです。

まず、上昇するステータス量が多いということです。

戦闘用であればマテリア数個~十数個付けたのと同じくらいステータスを上げることができるので、調理品を食べるだけでなかなかの強化を行うことができます。

HPが増えることで生き残りやすくなりますし、高難易度コンテンツでは必須と言えますね。

クラフター用だとCPを上げることができるというのが非常に有効です。

CPさえあればクラフターは何でもできるので、CPそのものを増やすことができる調理品はかなりお得だと言えます。

次に、効果時間が長いということです。

1個食べるだけでリアル時間の30分有効ですし、カンパニーアクションなどでさらに効果時間を伸ばすこともできます。

使い切りとはいえステータス上昇状態を30分以上続けられるというのはいいですね。

後は、戦闘不能になっても効果が切れないというのもいいと思います。

昔々は戦闘不能で効果が切れていたのでその都度食べるなんて時代もありましたが、今は効果時間が経つまでは大丈夫なので、何度でも戦闘を行うことができます。

取得経験値が3%増えるという効果が付いているのもいいですね。

要するに、各コンテンツに臨む前に調理品を使えばいい、という話でした。

~余談~

FINAL FANTASY XIV, The Lodestone
FINAL FANTASY XIV公式プレイヤーズサイト「The Lodestone」です。

前々から思っていたのですが、FF14って調理品のアイコンにも力を入れていますよね。

ざっとアイコンを見ていくだけでも美味しそうなものが多いです。

現実にある料理を数多く取り入れているのも特徴ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました