【FF14】漆黒で使用する通常素材を考えてみる

今回は漆黒のクラフターのレシピで使用しそうな通常素材を考えてみます。

これは新生・蒼天・紅蓮で登場した素材が再利用されるんじゃないかという話ですね。

まずは蒼天・紅蓮の例を元に話を進めてみます。

スポンサーリンク

漆黒で使用する通常素材を考えてみる

FF14では新レシピであっても旧素材を使用することが多々あります。

例えば、

・ミスライトナゲット

精霊銀砂 5
霊銀鉱 1

蒼天のレシピであるミスライトナゲットは元々ミスリルインゴットの材料だった霊銀鉱を使用していますし、

・モリブデンインゴット

輝水鉛鉱 4
鏡鉄鉱 1

紅蓮のレシピであるモリブデンインゴットは元々コバルトインゴットの材料だった鏡鉄鉱を使用しています。

このように旧素材を再利用するケースがいくつあるわけですね。

しかもこれらは多用する中間素材なので、あらかじめ材料を用意しておくと楽です。

今後使いそうな素材

というわけで、今後使いそうな素材を予想してみます。

ポイントは以下の通りです。

・先の拡張で使われたことがない

・未知素材は除く(HIDDENは可)

・店売りアイテムは除く(硬銀砂など)

-新生採掘-

銀砂(南部森林)
霊銀砂(南ザナラーン)
青金砂(高地ラノシア)

-蒼天採掘-

精霊銀砂(クルザス西部高地)
精霊銀鉱(クルザス西部高地)
チタン鉱(高地ドラヴァニア)
硬銀鉱(低地ドラヴァニア)

-新生布材-

ダイアマイトウェブ(北部森林など)
アプカルの綿毛(東ラノシアなど)
スナーブルのタテガミ(東ザナラーンなど)

-蒼天布材-

虹綿(クルザス西部高地)
青麻(高地ドラヴァニア)
キマイラのタテガミ(ドラヴァニア雲海など)
クロウラーのマユ(低地ドラヴァニアなど)

だいたいこんな感じになります。

ただ、砂系はちょっと微妙なんですよね。

これらはエンチャントインクに使われているので、新たなエンチャントインクが追加されるならという感じなのですが、だいたいその場合は新たな砂を使うので使われないような気もします。

まあ、どちらにしろ集めておいて損はしないはず。

次の拡張までまだ半年はあるので、じっくり集めたり、安いものを狙ったりして揃えていくのもいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする