【FF14】FF14のパッチ実装日について解説(パッチ5.08版)

今回はパッチ実装日についてです。

FF14はオンラインゲームなので定期的にアップデートが入り、新たなコンテンツやアイテム・システム改善などが追加されます。

ただ、FF14はオンラインゲームの中でもかなり実装日が予想しやすいので、その辺りについて触れてみます。

安定した実装日

FF14の実装日の特徴はとにかく安定していることです。

だいたい毎パッチ(拡張版は除く)4ヶ月弱くらいで実装が行われています。

例えば紅蓮の頃を見るとこんな感じです。

4.0 2017年 6月20日
4.1 2017年10月10日
4.2 2018年 1月30日
4.3 2018年 5月22日
4.4 2018年 9月18日
4.5 2019年 1月 8日

だいたい4ヶ月程度のペースになっていることが分かりますね。

そのため、FF14は次の実装日が予想しやすいということになります。

パッチ5.1の予想日

パッチ5.0が2019年7月2日だったので、そこから4ヶ月弱くらいと考えるとだいたい10月中旬から下旬にかけてになります。

そして、この前のPLLで10月下旬と発表されたので、今回も今までの流れ通りな感じですね。

また、実装日の細かいルールもあります。

・火曜日実装

これはリセット日の兼ね合いですね。

・祝日に実装しない

火曜が祝日になるのはほとんどないのですが、今のところ祝日に実装されたことがないので、今回もそうじゃないかと。

ただ、個人的に見てきた中でそうなだけなので、確定かどうかは分かりません。

以上のことから考えると、今度の実装予想日は10月29日になるんじゃないかと思います。(確定ではないので注意)

正式な実装日は今度のPLLで発表されると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする