【FF14】雑記 ブログに→のようなパッチ○○版と書いている理由(パッチ5.05版)

今回は当ブログのことを絡めながら、FF14の姿勢について書いてみます。

ブログを長い間(もう4年目)見てくださってる方は何となく気付かれているかもしれませんが、最近はほとんどのタイトルにパッチ〇〇版というのを併記しています。

当ブログの記事も大量になってきたので、その区別をつけるという意味もありますが、MMORPGならでは、FF14ならではというのも理由だったりします。

FF14の姿勢

FF14はMMORPG、オンラインゲームです。

それがどういうことかというと、新たなパッチが入ると新たな要素が追加されるということですね。

ただ、FF14の場合は新要素だけでなく、既存の要素もかなり手が入るのが大きな特徴です。

例えば最近だと機工士ですね。

機工士というジョブがイマイチ不評だったために、今回の漆黒でまるで新ジョブのように生まれ変わりました。

↓その際に削除されたスキルはこんな感じ

Patch5.0にて「リロード」「ハートブレイク」「ブランク」「クイックリロード」「ラピッドファイア」「タレット回収」「オートタレット・ビショップ」「ガウスバレル」「バレルオフ」「ウェポンブレイク」「オーバードライブ・ビショップ」「オーバーロード・ビショップ」を削除しました。

私は他のMMO経験はあまりないですが、ここまでやりきるというのはあまりないと思います。

最近は新生のストーリーやクエストを改修するべきという声が上がってますが、普通、他のMMORPGでそんなことを言ってもまず叶わないかもしれません。

でもFF14のプレイヤーはFF14ならそういうことができると思っていて、実際にワールド間パーティーやワールド間テレポといった実績もあるので、これもいずれ実現するかもしれません。

できないと思われた不満点を改修していく、FF14はそういうゲームだということですね。

要するに何が言いたいかというと、FF14は既存の情報がどんどん変化していくので、昔の記事は当てにならないということです!!

アイテムの入手方法やスキルの性能が変わっている可能性があるので、当ブログの過去記事を見るときはどのパッチの頃の話かというのを見てください、というわけですね。

変化の例

では実際にどういう変化があるかというと、だいたい以下の3つです。

・緩和

・スキルの追加と変更

・システムの変更

緩和のケースは色々ですね。

アイテムの交換レートが下がって入手しやすくなったり(新生のギャザクラ装備とか)、ILが上がったためにIDから制限解除で入手しやすくなったり(ソロで行ける60IDが増えた)するので、昔の情報のまま行動すると時間がもったいなかったりします。

スキルも戦闘だけでなくギャザクラも色々手が入りますし、システムもワールド間テレポで他のマーケットで購入できるようになったりと日々変化が起きています。

面倒なことはだいたい金策になるのですが、解消されたため稼げなくなったケースもあるので、最新情報を調べることは大事ですね。

というわけで、ブログのタイトルにパッチも載せているので、それも参考にしてくれればという話でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする