【FF14】漆黒のヴィランズで追加されそうなクラフターのアクションを勝手に予想してみる

漆黒のヴィランズが待ちきれないということで、次の拡張で実装されそうなクラフターのアクションを勝手に予想してみます。

要するに妄想記事です。

実装されるかどうか特に根拠のない話なので、話半分でどうぞ。

模範加工

耐久を消費して品質を上げる。

効率:80
CP:34
成功率:100%

そろそろ来るんじゃないかというのが単体で成功率100%になる加工アクションですね。

既存の加工アクションはどれも成功率100%未満だったり、ある条件を満たさないと100%にならなかったりで、模範作業のように1個だけで100%成功するというものがありません。

そのためステディハンドと組み合わせるといったことが必要になるのですが、単体で100%になるなら好きな場所に置けるのでスキル回しもかなり自由になります。

しかもその場で成功率100%を出せるということは、最高品質の時に加工を狙っていけるということになります。

割とチート気味なので、効率やCPは損をするようにしてみました。

ただこの消費だと、経過観察+注視加工より劣るからあまり意味がないような・・・。

イシュガルド復興に向けてアドリブでスキル回しをしていくみたいなケースがあれば、使えるかもしれないですね。

コンファートゾーンII

毎ターンCPが8回復する。効果は16ターン続く。

CP:88

効果が非常に長いコンファートゾーンを作ってみました。

16ターン続くとCPが128回復するので、実際の回復量は40ですね。

通常のコンファートゾーン2回分より多めに回復するようになってます。

このアクションのポイントはとにかく効果ターンの長さです。

新式装備など高難易度のレシピは費やすターン数も多いので使っても間に合いますが、ちょっとした制作の時に使うと損するようになっています。

そのためコンファートゾーンと使い分ける、錬金術師を上げずにLv70まで来てしまった人向け、という感じのスキルになります。

魔閃の輝き

次のターンの状態を高品質にする

CP:32

確実に高品質を発生させるスキルです。

これは意外とありそうな気が・・・。

例えばビエルゴの祝福の前に使用することで効果をぐんと上げたり、マイスターアクションの仕事唄を進めやすくするといったことが期待できます。

ただ、消費CPを高くしておかないとビエルゴの祝福の上昇量が跳ね上がるから、割と危険な気もします。

その分、CPは高めに設定してみたのですが、まあ単なる予想なので別にいいかな。

その他

後はインナークワイエットに特性がついてスタック数が限界突破するとか、リクレイムIIが登場して確率が100%になるだとか、そういったのもあり得るかなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする