【FF14】パッチ5.0でのアラガントームストーンとギャザラー・クラフタースクリップについて解説と金策に関わりそうな所

パッチ5.0から一部のアラガントームストーンとギャザラー・クラフタースクリップが廃止になります。

アラガントームストーン/スクリップについて
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/topics/detail/6d1063d9779ed732df3ba935c5fd012a971095e2

今回はこれについて解説と金策に関わりそうなところをまとめてみます。

アラガントームストーン

アラガントームストーンは以下のようになります。

アラガントームストーン:詩学 → 継続
アラガントームストーン:万物 → 削除
アラガントームストーン:虚構 → 廃止
アラガントームストーン:創世 → 廃止

アラガントームストーン:新1 → 無制限タイプ
アラガントームストーン:新2 → 週制限タイプ

万物は使用できなくても所持自体はできていましたが、次のパッチ5.0で完全削除になるわけですね。

同時に虚構と創世は入手・使用ができなくなります。(削除ではないので所持はできます)

そして、無制限タイプと週制限タイプの2種類の新たなアラガントームストーンが追加されるというわけですね。

↑の記事で書いたように、蒼天と同じ流れを紅蓮でも行ったということになります。

では金策に関わるところですが、こちらも↑の記事で書いた通り、詩学をどう使うかになります。

詩学で交換できる素材が増えるので、漆黒でのレシピによってはギル稼ぎに使えるかもしれません。

戦闘用ハイマテリジャのレートが下がるなら詩学でそれなりの数と交換できますし、漆黒後に有用なステータスが判明すればそれに合わせて交換することもできます。

それに金策以外にもイディル装備やスカエウァ装備(創世装備)と交換できるので、新ジョブなどの装備の交換にも使うことができます。

また、もう1つポイントになるのが新たに追加されるアラガントームストーンの無制限タイプですね。

今までトークン素材をずっと採用してきているので、無制限タイプのアラガントームストーンで漆黒での新式装備の素材と交換できるようになる可能性が高いです。

だいたい新式装備の追加は拡張実装から1か月後くらいなので、それまでに貯めておけばいいですね。

ギャザラー・クラフタースクリップ

続いてギャザラー・クラフタースクリップについてです。

ギャザラー・クラフタースクリップ:青貨 → 削除
ギャザラー・クラフタースクリップ:赤貨 → 廃止
ギャザラー・クラフタースクリップ:黄貨 → 継続
ギャザラー・クラフタースクリップ:新貨 → 追加

使用はできないが所持できていた青貨が完全削除となり、赤貨は所持はできるが入手・使用ができなくなります。

要するに、↑の状態が1つずつスライドする感じですね。

次の新貨が今の黄貨と同じ立場になると思います。

ギャザラー・クラフタースクリップは週制限はないですし、新貨はLv80になればどんどん取れると思います。

では金策に関してですが、まずは赤貨で交換できるアイテムが気になります。

現在赤貨で交換できる目ぼしいアイテムは以下のようなものがあります。

ハイコーディアル
ギャザクラマテリガ
ギャザクラマテリジャ
マイスタークリスタル
〇〇の製図用紙

青貨で交換できたアイテムが赤貨で交換できるようになった時はレートがだいたい半分くらいになっていたので、これらのアイテムもレートが下がった状態で黄貨と交換できるかもしれません。

同時に、今まで赤貨を入手できた方法で黄貨が入手できるようになるので、黄貨が手に入りやすくなります。

現在は赤貨対象であるマテリジャなどのアイテムと大量に交換した方が稼げるかもしれないですし、現在は黄貨対象であるハイマテリジャと交換していった方が稼げるかもしれません。

今回もレベリングで蒐集品を納品するケースは多いと思うので、ついでに手に入るスクリップを何に交換するか決めておくのもいいですね。

また、新貨は新たな秘伝書や装備、素材など追加が予想されるアイテムは多いです。

秘伝書から次の新式装備を作れると思うので、黄貨・新貨共に新式装備実装までに集めておけばいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする