【FF14 クラフター講座】スキル回しの作り方 16 70星3 耐久35のスキル回し(動画付き)

今回は難易度70星3の耐久35レシピのスキル回しを作ってみました。

このページでは、動画内容の補足説明を行います。

スポンサーリンク

解説

マクロ

作業精度1596(おそらく1553でもいけるはず)
加工精度1461(あるほどいい)
CP523(マイスターならここから15減らしても大丈夫)

-1-

/ac 確信 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac インナークワイエット <wait.2>
/ac 経過観察 <wait.3>
/ac 注視作業 <wait.3>
/ac マニピュレーションII <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac ヘイスティタッチ <wait.3>
/ac ヘイスティタッチ

↑動画では最後のヘイスティタッチに<wait.3>が入っていますが、なくて大丈夫です。

-2-

/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac コンファートゾーン <wait.2>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac マニピュレーションII <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac ステディハンドII <wait.2>
/ac 倹約加工 <wait.3>
/ac グレートストライド

-3-

/ac 工面算段 <wait.2>
/ac ビエルゴの祝福 <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II <wait.3>
/ac 模範作業II

スキル回しの解説

だいたい動画で触れた通りですが、マクロ1はヘイスティタッチの成功次第でリクレイムを使うかどうかの判断、マクロ2はビエルゴの祝福を低品質で打たないようにする判断を行うために中途半端な所で止めています。

ただ、ヘイスティタッチを1度失敗しても初期品質を上げていればHQ率80%くらいにはなるので、あまりリクレイムを使うことはないと思います。

加工精度が低くてどうしても2回成功した状態を維持したい時、霊水G3を作る時などはリクレイムを使って、精査してもいいと思います。

また、CPがちょっと足りなかったので、工面算段2ではなく工面算段を使用しています。

どうやらこの辺りの難易度になると工面算段と工面算段2の違いがあまりないらしく、ここを工面算段にしたおかげで他をカバーしたようなスキル回しとなっています。

必要ステータス

動画では調理品込みで作業精度が1600近くありますが、おそらく作業精度が1550程度でも大丈夫なはずです。(未検証)

そのため、CPさえ満たしていれば、70星3の最低製作条件「作業精度1500・加工精度1350」+天ぷら盛り合わせで製作可能になる・・・はずです。(その際は初期品質をもっと上げないといけませんが)

ただ、このCPはかなり禁断していないと数値を満たさないので、どちらにしろ作業精度や加工精度はある程度上がっていると思います。

逆にCP・作業精度が足りているなら、トマトシチューを使ってもいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする