【FF14 金策】集める価値があるのか採集手帳のアイテムを1つ1つ解説 採掘師Lv41~45(パッチ4.18版)

採集手帳に載っているアイテム1つ1つに注目して、このアイテムを集める価値があるのかどうかを解説していきます。

今回は採掘師の採集Lv41~45で採れるアイテムです。

スポンサーリンク

採掘師 採集Lv41~45

ターコイズ原石

高地ラノシア

ターコイズなどの材料です。

基本的なレシピはターコイズだけで、このアイテムは複数の装備の材料として使われています。

頻繁に使われるものもないので、集める必要性は低いと思います。

青金鉱

高地ラノシア

エレクトラムインゴットなどの材料です。

レシピはエレクトラムインゴットとパラースナゲットだけですが、どちらもかなり汎用性の高いアイテムとなっています。

エレクトラムインゴットは多数の装備の材料として使われていて、調度品のレシピも多数あります。

パラースナゲットも多数の材料として使われていますし、何より最新の装備にも使われているため、今も需要があります。

そのため、青金鉱は集める価値のあるアイテムだと思います。

アンバー原石

東ザナラーン

アンバーなどの材料です。

アンバーは複数の装備に使われていますが、メインの使い方はそちらではなく、ワニスの材料として使うのが主流となっています。

ワニスは多数の装備に使われていて、最新の装備も対象になっています。

また、調度品にも多数使われるアイテムでもあります。

そのため、その材料であるアンバー原石でも稼ぐことができると思います。

ルベライト原石

東ザナラーン

ルベライトなどの材料です。

基本的なレシピはルベライトだけで、いくつかの装備品の材料になっているくらいなので、集める必要性はあまりないと思います。

青金砂

高地ラノシア

エレクトラムエンチャントインクなどの材料です。

エレクトラムエンチャントインクは装備品やオーケストリオン譜の材料となっていますが、それほど需要があるわけではありません。

もう1つのレシピは上質な定着剤であり、これはゾディアックウェポン関連のアイテムのため、今では作る人が減ったためこちらも需要はほとんどありません。

そのため、集める必要性はあまりないアイテムだと思います。

大理石

高地ラノシア

多数の調度品の材料です。

意外と外装として使うケースは少なく、基本は内装や庭具として使います。

パッチ4.2の土地に追加に合わせて稼げるかもしれないアイテムとなっています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする