【FF14 予想金策】サブマリンボイジャー(潜水艦)製作に必要な素材

第41回PLLが行われました。

今回はサブマリンボイジャーに関しての言及はちょっとしかありませんでしたが、その内容を元に潜水艦に必要な素材を予想してみます。

特に、パッチ4.2は戦闘・クラフター・ギャザラーの全てのクラスが忙しくなるので、実装後に素材を集めるのはなかなか大変だと思います。

そのため、こういった素材は今のうちに集めておくに限ります。

この記事でいろいろと予想を立ててみますが、出てきた素材以外の基本的な素材も集めておけば、さらに対応できると思います。

それではいつもの注意事項です。

予想の記事なので、実際に儲かるかどうかは分かりません。

この記事を見てアイテムを集めるかどうかは、個人の判断に委ねます。

「このサイトについて」に書いてある通り、責任は負いかねます。

ご了承ください。

スポンサーリンク

予想金策 潜水艦に必要な素材

今回の予想について、3つのポイントを決めてみます。

・エアシップボイジャーで入手できる素材は使われない

PLLではエアシップボイジャーをやっていなくてもサブマリンボイジャーから始めてほしいという言葉があったので、少なくともエアシップボイジャーで入手できる素材(鉄刀木や赤モコ草)は使ってこないんじゃないかと思います。

要するにガーロンド鋼やファーリーチカンバスですね。

ただ、これらの素材はマーケットで余り気味なんですよね・・・。

まあそれでも、可能性は低いんじゃないかと思います。

・製作に必要な素材は抑え目になる

今回は作りやすくしているそうです。

ちなみに、飛空艇で最も必要個数が少ないヴィルトガンス級でも450個必要だったので、それでも200~300個は覚悟しないといけないのかなあと思います。

・紅蓮後半の素材を使う確率は低そう

これは飛空艇の素材に対しての一連の流れの話なのですが、7種類ある飛空艇の中で初期の飛空艇は蒼天エリアの素材を一切使っていません。

飛空艇は後半になるにつれて素材の難易度が徐々に上がっていたので、今回もそうなるんじゃないかと思います。

そのため、紅蓮編で登場した素材が使われるのはもう少し後で、最初の潜水艦は新生編や蒼天編の素材を中心に構成されているのではないかと予想できます。

ただ、今回はサブマリンボイジャーの実装が蒼天時より遅めだったので(エアシップボイジャーはパッチ3.0の実装)、潜水艦の種類が少なめなら最初から紅蓮エリアの素材を使うことは充分あり得ます。

この辺りは個人の判断で決めていくしかないですね。

木材

それでは各素材の種類から予想を立ててみます。

まずは木材からです。

各飛空艇に必要だった素材を抜き出して、流れを見てみます。

・ブロンコ級

ユー材     18
マホガニー材  18
ローズウッド材 21
スプルース材  18

・インビンシブル級

ウォルナット材  18
スプルース材   18
硬化スプルース材 12
神代木      18
シーダー材     9

・エンタープライズ級

オーク材     24
スプルース材   24
硬化スプルース材 12
神代木      24

・インビンシブル改級

ウォルナット材   24
スプルース材    24
神代木       12
ホーリーシーダー材 36

・オデッセイ級

ローズウッド材    24
神代木        36
ダークチェスナット材 12

・タタノラ級

バーチ材   24
神代木    12
タガヤサン材 36

・ヴィルトガンス級

ダークチェスナット材 12
バーチ材       12
タガヤサン角材    12

問題は、次の潜水艦をヴィルトガンス級の続きと見るかどうかなんですよね。

もしそうなるなら、上記で使っていない素材をそろそろ使うのかもしれません。

蒼天編で飛空艇に使われていない木材と考えると、以下のようになります。

ハロードチェスナット材
アストラルバーチ材
硬化カンファー材
カンファー材
チーク材

後は紅蓮初期のビーチ材などもあるかもしれないですね。

それ以外の見方だと、単純に水に強い木材なんかも使われるかもしれません。

チーク材とか水に強いらしいですが、木材のことはよく分からないので、何とも・・・。

とりあえず予想としては蒼天編でまだ使用していない木材を使う、ただし作りやすくしているという話を元に基本的な木材も保険で用意しておく、ということになります。

金属材

・ブロンコ級

ブロンズリベット 18
アイアンインゴット 21
アイアンリベット 96
アイアンネイル 39
スチールインゴット 123
スチールリベット 81
スチールフッティング 54
ミスリルプレート 18
ミスリルリベット 60
コバルトインゴット 66
コバルトリベット 18
コバルトフッティング 48
ダークスチールナゲット 21
ダークスチールプレート 36
ダークスチールインゴット 18
シルバーインゴット 60
エレクトラムインゴット 18

・インビンシブル級

アイアンネイル 39
アイアンリベット 39
スチールインゴット 105
スチールリベット 126
スチールフィッティング 60
ミスリルプレート 18
ミスリルリベット 78
コバルトインゴット 78
コバルトリベット 21
コバルトフィッティング 54
ダークスチールナゲット 21
ダークスチールインゴット 45
ガーロンド鋼 36
シルバーインゴット 60
エレクトラムインゴット 39
ローズゴールドインゴット 21

・エンタープライズ級

アイアンリベット 24
スチールインゴット 75
スチールネイル 45
スチールリベット 96
スチールプレート 24
スチールフッティング 30
ミスリルインゴット 60
ミスリルリベット 108
コバルトインゴット 69
コバルトリベット 54
コバルトフッティング 60
ダークスチールリベット 21
ダークスチールインゴット 36
ダークスチールプレート 27
ウォルフラムインゴット 18
ミスライトインゴット 36
ガーロンド鋼 36
エレクトラムインゴット 24
ローズゴールドインゴット 18

・インビンシブル改級

アイアンネイル 24
スチールインゴット 90
スチールネイル 30
スチールリベット 150
ミスリルリベット 30
コバルトリベット 102
コバルトプレート 24
コバルトフッティング 120
ダークスチールナゲット 30
ダークスチールインゴット 72
ダークスチールリベット 42
ミスライトインゴット 66
ガーロンド鋼 36
ローズゴールドインゴット 48
セレスタイン 36

・オデッセイ級

ブロンズリベット 24
スチールインゴット 30
スチールリベット 60
ミスリルリベット 30
ミスリルインゴット 30
コバルトインゴット 30
コバルトリベット 138
コバルトフッティング 120
コバルトネイル 54
コバルトリングス 18
ダークスチールプレート 72
ダークスチールリベット 63
ダークスチールインゴット 81
ウォルフラムインゴット 9
ガーロンド鋼 36
ミスライトインゴット 60

・タタノラ級

ミスリルリベット 30
コバルトネイル 54
コバルトリベット 114
コバルトフッティング 120
ダークスチールナゲット 30
ダークスチールリベット 177
ダークスチールインゴット 42
ガーロンド鋼 36
ミスライトインゴット 33
チタンインゴット 63
アダマンナゲット 114
ローズゴールドインゴット 24
セレスタイン 36
オーラムレギスナゲット 18

・ヴィルトガンス級

コバルトネイル 12
コバルトリベット 48
コバルトフッティング 12
ダークスチールリベット 54
ミスライトナゲット 12
ミスライトインゴット 30
チタンナゲット 6
チタンインゴット 60
アダマンナゲット 24
超硬ガーロンド鋼 30
セレスタイン
ハードシルバーインゴット 24
オーラムレギスナゲット 24

木材と違い、金属材は種類も数も多いので、予想がしづらくなっています。

それに金属材は同じ素材でも何度も繰り返し使われているので、新生~紅蓮までどれも該当します。

そのため、金属材に関しては手当たり次第集めておくしかない気がします。

リベットなどに加工しやすいように、一次加工の状態で集めればいいですね。

その他

・ブロンコ級

ボアレザー 18
ソーリアンレザー 6
ヒッポグリフソフトレザー 6
リネンカンバス 30
山繭絹布 6
鬼にかわ 18
ワニス 18

・インビンシブル級

鬼にかわ 18
ワニス 18

・エンタープライズ級

ワイバーンレザー 18
ウラエウスレザー 24
ファーリーチカンバス 18
ガラス板 60
ワニス 18
黒にかわ 9

・インビンシブル改級

ワニス 30
黒にかわ 12

・オデッセイ級

ハイアラガンキメラレザー 18
ダルメルレザー 18
ファーリーチカンバス 18
セレスタイン 18
ハードシルバーナゲット 33
ワニス 24
瞬間にかわ 9

・タタノラ級

ワニス 24
黒にかわ 9
ハイアラガンキメラレザー 18

・ヴィルトガンス級

ハイアラガンキメラレザー 21
アンフィプテレレザー 12
ファーリーチカンバス 15
ワニス 12
瞬間にかわ 12

残りは布材・革材・錬金材です。

そもそも潜水艦にそんなもの使うのかとなりそうですが、内装だとか座席だとか、いくらでも理由付けはできるのでそれは置いておいて。

並べてみて気づきましたが、こういうその他素材の使用は、種類が多い少ないを繰り返しているみたいです。

そうなると、次は少ないのパターン。

しかしブロンコ級を最初の船と考えて、同じく最初の潜水艦と考えると多いのパターン・・・!

要するに、今までの流れはアテにならないというわけですね・・・。

ただ、飛空艇で入手できる素材は使われないと考えると候補をだいぶ絞ることができます。

それに蒼天エリアのレザーはスカイパイレーツスポイル:真鍮と交換できるので、この辺りを考える必要がないですし。

そうなるとまだ使用していない瞬間強力にかわだとか、全船で使用しているワニスだとか、その辺りが怪しいと思います。

後は潜水艦のコーティングとして、何らかの素材を予想して集めるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする