【FF14】ライバルウィングズ「アストラガロス(機工戦)」クルーズチェイサーの運用・考え方

各ロールについて書いたので、次は機工兵器について書いてみます。

最初はクルーズチェイサーから始めてみます。

スポンサーリンク

アストラガロス考察 クルーズチェイサー

まずは、クルーズチェイサーの能力を確認してみます。

HP  :30,000
必要CE:50
搭乗数 :6体まで

クルーズチェイサーは機工兵器の中で最低のHPです。

しかもHP3万ということは、オートマトン3体分と同じだということになります。

集中砲火を浴びせればすぐに壊せるあのオートマトン3体分のHPしかないので、相当に脆いということが分かると思います。

その代わり移動速度は最速で、これはマウントのスピードより速いです。

そして、各スキルを確認してみます。

キャスト リキャ EP マトン 機工 コア等
スピンクラッシャー なし  3秒  25  600 600 6000 600
レーザーエックススウォード 2秒 10秒 100 8000 800 8000 800
照準 2秒  5秒  50 4000 400 4000 400

クルーズチェイサーの速度、スキル内容から考えてみると、あくまでも個人的な意見なのですがクルーズチェイサーというのはカウンター型の運用をした方がいい機工兵器な気がします。

ついつい機工兵器は強力なものと考えがちなのですが、クルーズチェイサーは敵歩兵に対して無双するような機工兵器ではありません。

「レーザーエックススウォード」は対歩兵にはかなり強力ですが、敵歩兵のHPは1万以上なので、これ1発で敵を倒すことはできませんし、ヒールを差し込まれると意味がありません。

当てやすいわけでもないですし、1発撃つと次に撃てるようになるまで10秒かかります。

「レーザーエックススウォード」を当てたとしてもそこから仕留めるところまで持っていくことができず、その間に反撃を食らえばこちらの方の被害が大きくなるので、クルーズチェイサーは歩兵に対しては有利ではないというわけですね。

それなら、先にクルーズチェイサーではなくオプレッサーを出撃させれば、オプレッサーは足が遅いのでクルーズチェイサーならすぐに追いつきますし、そのまま護衛に入ることができます。

クルーズチェイサーで敵歩兵をどうにかして倒すくらいなら、オプレッサーの護衛をした方が遥かに有益だということになります。

同じように、敵がオプレッサーを出撃させたとしてもクルーズチェイサーならオプレッサーが自本陣に近づく前に迎撃に向かうことが可能です。

そのため、クルーズチェイサーというのは、

・敵オプレッサーが近づいてくる

・味方オプレッサーが攻撃されそう

こういったピンチを解決させるために出撃させる、カウンター型の機工兵器なのではないかと思います。

そのため、CEが50たまったからとりあえずクルーズチェイサーを出すのではなく、クルーズチェイサーで対処すべき事柄が発生したから出撃させるというのが向いている使い方だと思います。

対人

クルーズチェイサーにとって最も天敵なのが敵歩兵です。

クルーズチェイサーのHPは3万しかないので、DPS2~3人に囲まれればあっという間に沈められてしまいます。

ではどうすればいいかとなると、味方と協力して運用するしかありません。

まず、クルーズチェイサー単体で敵対するというケースは少なく、だいたいはオプレッサーの護衛に付いている時に敵と遭遇するパターンになると思います。

そんなときはオプレッサーの足元目掛けてレーザーエックススウォードを撃てばいいですね。

オプレッサーへの近接DPSの攻撃をけん制することができます。

ただ、「レーザーエックススウォード」だけで敵歩兵を倒すことはできないので、護衛で付いてきてくれている味方DPSにトドメをさしてもらうことになります。

そのため、オプレッサーの護衛は必ず歩兵も付いたほうがいいと思います。

クルーズチェイサーだけで仕留めきれない敵歩兵を倒す役割も必要です。

もしクルーズチェイサーだけで敵歩兵と対抗しようと考えるなら、クルーズチェイサー2~3体で一気にかかるしかないと思います。

オプレッサーとクルーズチェイサーだけが来ているならあまり脅威ではないのですが、これがクルーズチェイサーが2~3体いるとなかなかに厄介です。

クロスレーザーエックススウォード(技名ではなく、単にレーザーエックススウォードを重ねるだけ)を食らってしまうと、タンクであっても1発でKOされる可能性があります。

味方クルーズチェイサーの動きと合わせて使っていけば、敵歩兵を討伐、牽制することができるので、クルーズチェイサーは敵オプレッサーの迎撃をする以外は、味方と協力して行動した方がいいと思います。

また、「照準」は4000ダメージでそれなりのダメージですが、遠くから撃つことが可能ですし、クルーズチェイサーの方が遥かにスピードが高いので、距離を保った状態で攻撃することも可能です。

ただ、クルーズチェイサーが敵歩兵にこだわる必要性は薄いと思うので、自タワーなどの防衛をする以外なら、敵機工兵器を見つけて向かっていった方がいいと思います。

対オートマトン

スキルを見れば分かりますが、オートマトンへの攻撃は最大で威力800です。

これは、白魔道士のストンガ(威力1000)より弱いのです。

そのため、クルーズチェイサーはオートマトンを完全無視でいいと思います。

対機工兵器

クルーズチェイサーのメインの仕事が機工兵器の撃破です。

全スキルが機工兵器に有効なので、積極的に敵機工兵器を攻撃すればいいと思います。

スキルは「スピンクラッシャー」をメインに行えばいいですね。

「スピンクラッシャー」と「レーザーエックススウォード」は威力が2000違うだけですし、「スピンクラッシャー」は即発動するので、敵クルーズチェイサーにも対応できます。

距離によっては「照準」を使って、牽制しつつダメージを与えていけばいいと思います。

・クルーズチェイサー

あまり相性は良くありません。

相打ち覚悟で戦うことになると思います。

照準はかなり遠くまで撃つことができるので、照準を撃ちつつ逃げて距離を保ちながら戦うやり方もあります。

開けた場所や橋の上など、場所によって戦い方を変えればいいと思います。

・オプレッサー

非常に相性がいいです。

蒸気を食らっても1000ダメージほどなので、こちらは「スピンクラシャー」を連発すればどんどんHPを減らすことができます。

こちらはオプレッサーより速度も速いので、一度でも追いつけばかなりのダメージを与えることができます。

・ブルートジャスティス

それほど相性は悪くありません。

ブルートジャスティスの攻撃はどれもクルーズチェイサーに大ダメージを与えますが、クルーズチェイサーの方がスピードが早いので、一度でも隣接すれば、後ろをとったりぐるぐる回ったりすれば、かく乱しつつ攻撃することが可能です。

むしろブルートジャスティスを護衛している敵歩兵にやられてしまうくらいなので、「照準」で距離を見ながら一気に近づいて「スピンクラシャー」を撃っていけばいいと思います。

対オブジェクト

こちらもオートマトン同様に、ダメージはストンガ以下となっているので、クルーズチェイサーでオブジェクトを攻撃する必要はほとんどありません。

ただ、ゲームの展開によっては、制限時間ぎりぎりでの特攻に使えます。

自本陣から敵本陣までだいたい歩兵(マウント)だと1分くらいかかるのですが、クルーズチェイサーは速度が速いため、いち早く敵本陣にたどり着くことができます。

そこで少しでも敵コアにダメージを与えれば、ギリギリの闘いなら逆転もありえます。

クルーズチェイサーに乗りながらぐるぐる攻撃するのもいいと思いますが、いっそのこと降りて、近接DPSのアドレナリンラッシュを撃つなんてことにも使えます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする