【FF14 クラフター講座】 スキル回しの作り方 1 工数の扱い(動画付き)

今回からクラフターのスキル回しを動画で解説していきたいと思います。

基本的にはクラフターテクニックで紹介している内容をもう少し簡単にしたものにしていく予定です。

動画であまり文章ばかり載せても意味がないので、いろいろ数値を見ながら分かるようにしたいと思います。

それでは動画の補足です。

スポンサーリンク

解説

まずは工数の扱いから触れています。

動画リンク https://youtu.be/LOBUOGeCU1E

今回はとりあえず作業系アクションの数値を確認して、効率の良いスキル回しにするために計算してみる、というところまでになります。

これだけでもまだまだ説明し足りないことだらけなので、同じテーマであと1回か2回動画を作ると思います。

動画内の装備について

動画内はガーロンド装備を使い、作業精度は1027になっています。

まだここまで装備を揃えてないプレイヤーもいると思いますが、格上のレベルのアイテムをどう作っていくかということは同じなので、無駄にはならないと思います。

自分の状況に合わせて、このアクションを使うとこれだけ工数が進むから、〇回で完成できるからスキル回しをこうしていく、と考えていけばいいですね。

使用するスキルについて

全クラスがカンストしていると想定したスキル回しになります。

ただ、全てのスキルを覚えていなくても考え方は同じなので、これも自分の状況に合わせて使い分ければいいと思います。

また、樟脳をメインとして製作していくので、基本は錬金術師が使えるアディショナルアクションで作れるスキル回しになると思います。

今後の動画について

次回は工数の扱いに関して、もう少し詳しい内容になると思います。

突貫作業を使ったらどうなるか、リスクを考えるとどうなるのか、組み合わせたらどうなるか、そういった数値の計算やパターンを考えていく予定です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする