パッチ3.4を楽しむために集めておいたほうがいいアイテム

パッチ3.4実装直後はともかく時間がありません。

新コンテンツを楽しみたいのに、アイテムを集めることに時間をとられるのはもったいないです。

そこで、パッチ3.4に集中するため、余裕のある今のうちに集められるものは集めておくことにしましょう。

今回はもしかしたら役に立つかもしれない、集めておいたほうがいいものをまとめます。

アイテムだけでなく、その理由も述べます。

スポンサーリンク

解説

1、クラフタースクリップ:青貨

パッチ3.4では次の新式が実装されます。

その場合、新レシピのために秘伝書5巻が登場する可能性があります。

今まで3巻・4巻はどちらも青貨で入手できていたので、5巻も青貨で交換できるかもしれないと考えることができます。

そのため、すぐに新式を作れるように青貨を集めておいた方がいいということになります。

ただ、4巻の中に追加として実装される可能性もあるので、5巻自体が登場しないかもしれません。

それでも製図と交換したり、新アイテムと交換したりできるので、集めてもムダにはならないと思います。


2、ギャザラースクリップ:青貨

ギャザラーの青貨も出番があるかもしれません。

今まで各地域の護符が登場していましたが、まだアジス・ラーの護符が登場してないからです。

今回のパッチに合わせて実装される可能性があるので、すぐに護符ができるように青貨を集めておいたほうがいいかもしれません。

また、こちらも新アイテムが追加される場合があるので、集めておいて損はしないと思います。


3、軍票

小隊コンテンツが実装され、軍票が使用される予定です。

また、新軍票素材も考えられるので、軍票があれば製作面で楽をできるかもしれません。


4、コーディアル

ガーロンド装備はクラフターだけでなく、ギャザラーにも実装されました。

そのため、新素材を入手するためにギャザラーが活躍すると考えることができます。

実装されるのは未知素材だけとは限らないので、コーディアルを使って素材を集め続けるケースもあり得ます。

今なら製作することもできるので、できれば用意しておいたほうがいいと思います。


5、コールマター

パッチ3.4はマテリア禁断の需要が高まると予想できます。

新式や自分用のガーロンド装備など、マテリア禁断する機会が非常に多いからです。

コールマターは簡単に集めることができないので、マーケットで値段が高騰する可能性があります。

自分用に前もって用意しておいた方がいいと思います。

ちなみに、コールマターG4であれば、モードゥナの1段目を掘りつづけるのが一番効率がいいと思います。


6、マテリア

マテリア禁断を行うなら、マテリアそのものも準備しておいたほうがいいです。

パッチ後は高騰する可能性があるので、まだマーケットの値段が安いなら前もって買っておいたほうがいいかもしれません。

禁断はどこまで失敗するか分からないので、急にマテリアが必要になる可能性があります。

マーケットでの在庫自体がなくなる場合さえ考えられるので、余裕のあるうちに集めておいたほうがいいと思います。


あとは毎日の活動から考えて、時間短縮になりそうものを集めればいいでしょう。

青貨や赤貨と交換できる蒐集品やその材料だとか、飛空艇修理材だとか、今のうちに集めておけば時間を短縮できるものはいろいろあると思います。