FF14クラフターテクニック 経過観察

今回は経過観察に注目です。

スポンサーリンク

経過観察

クラフター レベル13で習得
CP14
1ターン何もせず見守る

滅多に使わないアクションですが、一応覚えておいて損はないと思います。

この経過観察は何も起きないアクションです。

ただ1ターン、ボーっとするだけのアクションです。

何もしないのにCP14も使います。

じゃあ、何のためにあるのかということですが、全ては状態を変化させるためです。

製作を続けていると、状態が高品質などに変化します。

その変化を待つためのアクションと言えます。

まずは状態の変化を確認してください。

低品質  0.5倍
通常   1.0倍
高品質  1.5倍
最高品質 4.0倍

HQを狙う場合は、最後にビエルゴの祝福を使って大きく品質を上げるケースが多いと思います。

その時に高品質であれば、約3000品質があがるところが約4500も上がるなんて事が起きます。

最高品質であれば約12000で、これだけでHQ率100%にできるほどです。

経過観察によって高品質や最高品質に変わるのを待つことで、品質を膨大に上げるというやり方が使えるのです。

クラフターを何度か経験すれば分かりますが、意外とそのままの状態を保つ方法はありません。

ターンが過ぎるためには耐久を使うか、アクションを使うしかないので、どうしても何らかの変化が起きてしまいます。

そのため、なるべく少ないCPでターン経過できる経過観察はそういう面では便利だということです。

しかし、現実にはほとんど出番はありません。

そもそも高品質や最高品質は頻繁に来るものではないからです。

CPはぎりぎりまで加工に使いたいですし、経過観察にCPを使うくらいならイノベーションやステディハンドを使った方がターンを経過させつつ状態を強化できるので、そちらの方が有効です。

経過観察で様々なアクションの効果が過ぎてしまうこともあり、高品質や最高品質を狙って待つのは難しいと言えます。

普段はあまり使いませんが、もしものときにも使えるので一応覚えておくと役立つはずです。

例えば、

計算を間違えたためにCPが余り、少しでも高品質を引ける可能性に賭けるケース。

最高品質でなければ絶対HQにならないような状況で最高品質が来るのを待つケース。

そういった、ちょっとイレギュラーな時にも使えます。

CPを使うために多用はできませんが、こういったアクションがあるということも覚えておきましょう。