エンドコンテンツ 装備・マテリガ編

入手方法

装備   クラフターが作る

マテリガ 主に蛮族クエストで集める

今回のテーマ エンドコンテンツプレイヤー相手に稼ぐ

スポンサーリンク

FF14にはエンドコンテンツと言われるものがあります。
パッチ2.×時代だと大迷宮バハムート。パッチ3.×時代だと機工城アレキサンダー。他に極蛮神などもこのカテゴリーに入ります。

エンドコンテンツは難易度・要求装備共にゲーム最高クラスのものが必要となる、一番難しい戦闘コンテンツです。
このエンドコンテンツをクリアすることは、このゲームでの一種のステータスとなっています。

このコンテンツをクリアしたからといって、大金が手に入るわけではありません。強い装備、レアなアイテム、エンドコンテンツをクリアしたという達成感や名誉を求めて、このコンテンツにチャレンジしています。

いわばFF14における最高峰の1つなので、そのためにはギルを惜しまない人もいます。
そういった人から稼ぎましょう。

まずは装備です。

このゲームには新式と呼ばれる、エンドコンテンツ向けの強力な装備がそのコンテンツと同じタイミングで実装されます。
この新式は、同時期のエンドコンテンツで手に入る装備より強い装備というわけではありませんが、マテリア禁断が可能なので、エンドコンテンツの早期クリアを目指す人にはかなり有効なものとなっています。

ただ難点なのが、新式を作れるのはそのパッチの段階で、クラフターの最高クラスの装備をそろえた人でないと作るのが難しいということです。さすがにそこまでの力を持っている人は言われなくても新式を作って稼ぐので、このブログで扱う必要はないですね。

では、どうするのか。
稼ぐためにもう少し広い範囲で考えてみます。

1つは、新式を作るクラフターに向けて稼ぐことです。

自分は新式が作れなくても、新式を作るクラフターに向けて何か売ることができるかもしれません。

このときのクラフターの中には多少マーケットで高値を払っても、すぐに新式を作って売りたいという人がいると思います。
そのクラフターに向けて装備の材料を売って稼ぐというやり方もあります。

例えば、今回のパッチ3.2の新式で考えると、

雪綿
菱亜鉛鉱

などの伝説の採取場所から材料を手に入れたり、

ゴブリン樹脂
イコンファイバー
イコンミスライト

などの禁書と交換で素材を手に入れたりすることが当てはまります。

新式を作れないからあきらめるのではなく、その材料まで目を向けて何か稼げないかと考えることは大事です。

もう1つのやり方は、マテリガです。

以前の記事でマテリガを入手する蛮族クエストを紹介しました。

恐らく次のエンドコンテンツはパッチ3.4なので、その時には新式が大量に作られるはずです。

その時だけは禁断のためにマテリガがおそろしいスピードで消化されるでしょう。
つまり、後々のために禁断用のマテリガをためるというのが金策の1つになります。

現時点ではパッチ3.3の実装もまだなので、パッチ3.4までは相当先です。
マテリガではなくマテリジャの方が使われる可能性もありますが、そうギルを持っている人ばかりではないので、やはりマテリガをメインに、禁断に使うという予想をたててみます。

あとはマーケットの流れを見てうまく売れば稼げるのではないかと思います。
今のうちにコツコツマテリガをためて稼ぐ準備をしましょう。