【FF14】高難易度レイド体験記 その4(パッチ5.0版)

パッチ5.05当日。

零式の実装日でもあり、新式装備の実装日でもあります。

とりあえず今回の零式の攻略スピードはどうしようか。

最初の1週間は新式装備で少し稼ぎたいという気持ちもあるので、行けて1層かな。

1週間ごとに1層ずつクリアして、4層を1か月くらいのクリアを目指す!

まあそう言いつつ、シグマもアルファもそのペースで行けなかったので、あくまでも目安ということで。

さてまずは秘伝書の取得。

水薬は・・・なし!

強重曹は・・・あった!!

星付きじゃないけど、まあ良し。

しばらくスクリップ集めに時間がかかるから、その間にスキル回しを調べよう。

前もってスキル回しを作っておいたけど、だいたい他の人が作ったものの方が優秀だからねえ。

うーん・・・あまりいいのが見当たらない。

とりあえず自分のを使うか。

さて、秘伝書も全部とれたので、さっそく魔典を振り込んで中間素材の作成を始める。

っと、その前に。

スキル回しが通用するかどうかチェックしないと。

こういう時はNQ品でも問題ないものか、材料を集めやすいもので作る。

調理師かな、やっぱり。

通常・工面・工面2の状態で見比べる。

お、いけそうじゃない。

さっそく詩人装備作りから始める。

まずは比較的高値で出品して、売れなければ自分用の装備にする。

後は余裕があれば他のジョブの装備も・・・もう魔典がないな。

相変らずこのトークン素材の必要量がおかしい。

皮とか皮とか皮とか。

その割には実装1か月くらい経つとものすごく安くなるし、どうしたものかねえ。

そうこうしているうちに新たなマクロが発見されていったので、ありがたくそれを使わせてもらう。

ただ・・・。

装備が売れない!?

え、全然売れないんだけど、なんで?

ワールド間テレポで過密サーバーへ買いにいっているのか、他の新式装備実装と違って最初からIL450装備を入手できる手段が色々あったからなのか。

そもそもストーリーが濃密過ぎてまだLv80になっていないプレイヤーがまだまだいるとか?

まあ考えても仕方ないので、利益のラインは考えつつも少しずつ値下げして様子を見る。

で、エキルレも行きたいし、装備売れないしで仕方ないので詩人装備を少しだけ自分用に卸す。

禁断もしないといけないんだけど、とりあえずIL450に更新しただけで強いし、マテリア全然ないし・・・まあ徐々にやっていこう。

後はアイテムの準備だな。

詩人は何がいいんだろう、とりあえずヴィザードレタスサラダを作る。

もちろん眼力の幻薬G2も作る。

むしろ装備より幻薬の方が売れるな。

今回はなぜかこれにも魔典素材を使うからその分の値段も反映されてるんだろうなあ。

よし、準備はできた。

後は動画で予習しつつ突入しようかな。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする