【FF14】Lv70~72くらいまでの漆黒序盤のギャザクラのレベリングについて

漆黒でもギャザクラのカンストを目指して日々レベリング中です。

今回は実際にレベリングしてみて、効果的なやり方や気づいたことをまとめてみます。

クラフター

クラフターはLv70→Lv71にするのはそれほど大変ではないと思います。

簡易製作でも経験値がけっこうもらえますし、今回は旧素材の採用が多いのでそれを量産するだけでも経験値がもらえます。

後はリーヴなどを採用していけば、一気にもらった経験値でレベリングできると思います。

・メインストーリーを進める

今回のリーヴの開放は比較的早めです。

リーヴが開放された時点でどんどんリーヴでレベリングしたくなりますが、もちろん素材が必要なので、素材をどうにか調達しなくてはいけません。

新素材はマーケットでの取引価格が高いのでギルを節約するなら自分で集めるしかないのですが、漆黒だとまた地上で集めることになるので、これでは時間がかかります。

そのため、敢えてストーリーを進めてフライングマウントを開放していくというのもいいと思います。

ただ、地域によっては相当ストーリーを進めないと開放されない所もあるので、それは要所要所の判断となります。

・大口リーヴを使う

今回も紅蓮同様にリーヴは大口がオススメです。

アイテムを3倍用意する必要がありますが報酬も経験値も3倍もらえるので、リーヴ券の節約になります。

レシピ的には70☆4より工数が上がっているので作業面では注意が必要ですが、必要品質は下がっていますし、耐久も80あるので、HQ品を作るのはそれほど難しくないと思います。

レベル補正にだけ注意しながら製作を進めればいいですね。

・FATEをクリアする

漆黒エリアのFATEをクリアするとバイカラージェムというものがもらえ、様々なアイテムと交換することができます。

交換アイテムの中には革素材や食材などがあるので、FATEをやっておくことでこれらの素材を調達でき、ギルの節約になります。

逆に今のところは戦闘しかやる予定がないなら、マーケットの値段を見つつ、素材と交換してマーケットに出品することで稼ぐことができると思います。(なお、FATEをクリアしていくとラインナップが徐々に増えていき、レアなアイテムが出現するかもしれないので、どれだけ消費していくかの判断はお任せします)

ギャザラー

ギャザラーはLv70→Lv71の道のりはけっこう大変です。

Lv70で採集できる新アイテムはいくつかありますが、大量に使用する素材みたいなものがなく、集める必要性があまりないのです。(リテイナーを育成する過程でも集まる)

しかも漆黒エリアの敵はけっこう殺意が高く、フライングマウントがないのもあって、採集して回るのもなかなか大変です。

そのため、いくつか手段を考える必要があります。

・Lv68辺りを狙う

Lv70でなくても、Lv68くらいの採集でもそれなりの経験値がもらえるため、レベリングとしては充分通用します。

紅蓮エリアであればフライングマウントは解放していますし、安全に採集することができるという利点があります。

しかも今回の漆黒のレシピは旧素材の採用率が高く、それらを集めながらレベリングをするというのも1つの手になります。

・未知の採集場所を狙う

今回もギャザラーの蒐集品はレベリングに非常に有効です。

コルシア島:ホワイトオークの枝

10時/22時 (11、29)3段目

コルシア島:ヘマタイト原石

2時/14時 (34、23)8段目

蒐集価値450以上でいいので、未知の時間が来る度に集めていけばかなりの経験値をもらうことができます。

それにスクリップももらえるので、今後に向けて商人の手形:伝承録やメガマテリジャを集めていくということにも役立てることになります。

・マニュアルを使用する

一定時間経験値が増加する○○サバイバルマニュアルというアイテムがあります。

ギャザラーは採集し続けることが多いのでこういったアイテムの恩恵はかなり大きいです。

採集前に欠かさず使えばいいですね。

共通

・お得意様取引

週に1度だけですが、お得意様取引をやることで経験値とスクリップをもらうことができます。

どれか1つのクラスだけになってしまうので、経験値が足りないクラスを選んでいけばいいですね。

なお、白貨はLv80になってからもらえるようになるようです。

・調達任務

グランドカンパニーでの調達任務は毎日更新されるので、これをやるだけでも経験値と軍票がもらえます。

Lv70であれば要求されるアイテムは全て紅蓮のものなので、作るのは難しくないと思います。

ギャザラーも同様ですね。

レベルが上がってくると対象が漆黒のものになっていくので、徐々に対応していけばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする