金策リサイクル ハウジング関連の需要

パッチ3.3で土地が追加されました。

その影響で、以前紹介した金策の中でも再び盛り上がっているものがいくつかあります。

それらを改めて紹介します。

スポンサーリンク

1、便利系調度品

パッチ3.3が実装されてだいたい1週間になるので、そろそろ購入したハウジングに本格的に手を入れていこうとするプレイヤーが出てくると思います。

この回はハウジングの調度品の中でも特別な機能を持ったものをまとめています。

だいたい初めてハウジングをやる時は、ほりだしものでリテイナーが持ってきたものを並べたり、うまい人のを真似して調度品を設置したりすることが多いと思います。

そうして見た目がある程度そろってくると、次は機能的な調度品が欲しくなるものです。

リテイナーベル・モグレターポスト・カンパニーチェスト、あると便利な調度品はたくさんあるので、それらを作って稼ぎましょう。

便利系調度品の中にはグレイズナッツなど入手が難しいアイテムを材料にするものが多いので、まずはリテイナーベルやモグレターポストといった作りやすいものから狙っていけばいいと思います。

作れるのなら、マイスターが外れたオーケストリオンや雲海探索素材を使う美容師の呼び鈴などもいいでしょう。

2、飛空艇修理材

FCのハウジングでは飛空艇を飛ばすことができます。

今回の土地の追加で初めて飛空挺をつくり、飛ばしたFCも多いと思います。

飛空挺は修理が必要なので、修理にはこの飛空挺修理材を使います。

飛空艇修理材

最初はこの飛空挺修理材はあんまり売れないかなあとは思っていたのですが・・・。

というのも、パッチ3.3でリテイナーの依頼にダークマタークラスターが追加されることが判明していたからです。

ダークマタークラスターは飛空挺修理材の材料なので、どのFCも自分で作れるようになり、需要が減ると思っていたんです。

そしたら、リテイナーが取ってくるダークマタークラスターの数。

「1個」

1個って何よ・・・。

モードゥナで掘れば15個取れるのよ・・・。

というわけでせっかくダークマタークラスターを取ってきてくれるようになったのに、ほとんど役に立ちません。

まあ、そのおかげで修理材は自分で取りに行って作るというめんどうくさいことをしなければいけないので、めんどうだからこそマーケットで売ることができます。

3、ザナラーンソイルG3

FCでできるコンテンツは他に畑があります。

畑はデラックスガーデンパッチを使うと1度に土が8個必要なので、土が準備不足なFCはそろそろ土が足りなくなる頃かもしれません。

リテイナーに頼めば持って来てくれはするのですが、今回のパッチでギャザクラ関連に変化が起きたため、リテイナーには他のアイテムを頼んでしまって、なかなか土まで頼む余裕がなくなっていると思います。

さらに植木鉢も追加されたので、土の需要はさらに増しています。

ただ、植木鉢は交雑をしないので、ザナラーンソイルではなくシュラウドソイルの方が売れるかもしれません。

マーケットを見てどちらの土が売れているか確認したほうがいいと思います。

新しいパッチが入ると以前の金策でも再び需要が出てくる場合があります。

これが人気になっているからこれで稼ごうという発想をしていきましょう。

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    はちめんさんは完全人畜無害なギャザクラ金策勢っていうイメージしかないんですけど、バトルコンテンツもやってるんですか?

    • ハチメン より:

      やってますよー。
      メイン詩人で、IL230ちょっとかなあ。

      エンドコンテンツはあまり行かないけど、戦闘も好きですね。