【FF14】シーズナルイベントのアイテムが金策に使えた頃を振り返ってみる

書くネタがない時は過去を振り返ってみるということで、今回はシーズナルイベントが金策に使えた頃を見返してみました。

シーズナルイベントでは毎回何らかのアイテムが追加されるのですが、過去のシーズナルアイテムはマーケット取引が可能になっていました。

また、一定期間が過ぎるとマーケット取引不可だったものが可能になったりして、アイテムを塩漬けしておくことで稼ぐということができました。

ただ、最近はどのアイテムも全てマーケット取引不可の状態が続いているので、シーズナルアイテムで稼ぐことはできなくなっています。

それがどのあたりからなのかなあと疑問に思ったので、全トピックスを洗い出して各シーズナルアイテムを見てみました。

だいたい2個までを抜き出し、マーケットに取引出来なさそうなもの(装備など)しかなかったイベントは飛ばしています。

星芒祭2018 スターライト・スノーマン 不可
スターライト・ホワイトツリー 不可
守護天節2018 パンプキンフラッグ 不可
キャットフットプリント 不可
新生祭2018 マンダヴィルイヤリング 不可
ホワイトレイヴン 不可
紅蓮祭2018 モーグリ蚊取線香 不可
カレーライス 不可
エッグハント2018 エッグハントバナー 不可
スプリガンチョコ 不可
プリンセスデー2018 雛箪笥 不可
ヴァレンティオンデー2018 ローズフラワーワゴン 不可
ヴァレンティオンバルーン 不可
降神祭2018 戌のぬいぐるみ 不可
星芒祭2017 スターライト・リトルツリー 不可
星芒祭のポスター 不可
守護天節2018 ゴーストキャンドルスタンド 不可
パンプキンタワー 不可
新生祭2017 ライジングバルーン 不可
紅蓮祭2017 ラージシェイブドアイス 不可
紅蓮祭の絵画 不可
GSフェスティバル2017 サボテンダーのぬいぐるみ 不可
エッグハント2017 アルコンエッグ・インナーウォール 不可
プリンセスデー2017 イースタン・チェリーペタルドリフト 不可
プリンセスデー・ポスター 不可
ヴァレンティオンデー2017 パラムールフラワーベース 不可
降神祭2017 起き上がりチョコボ 不可
星芒祭2016 スターライト・ピラー 不可
星芒祭の絵画 不可
守護天節2016 パンプキンシチュー 不可
新生祭2016 ライジングピラー 不可
ライジングバナー 不可
紅蓮祭2016 蛍籠 不可
GSフェスティバル2016 セニョール・サボテンダートロフィー 不可
エッグハント2016 アルコンエッグタワー 可能
エッグハンター・バード 不可
プリンセスデー2016 ソーン朝の飾り棚 可能
ヴァレンティオンデー2016 パラムールベッド 可能
降神祭2016 パイッサダルマ 可能
星芒祭2015 スターライトツリー 可能
守護天節2015 パンプキンキャンドルスタンド 可能
イアリウォールペーパー 可能
紅蓮祭2015 風鈴 可能
エッグハント2015 エッグフロアランプ 可能
フォーチュンエッグ:2015 不可
プリンセスデー2015 クリムゾン・フェルトマット 可能
イースタン・チェリーツリー 可能
ヴァレンティオンデー2015 パラムール・バード 可能
パッションフレイム 可能
降神祭2015 門松 可能
羊のめおと人形 可能
星芒祭2014 星芒祭キキルンのぬいぐるみ 可能
スタートップ・スターライトツリー 可能
守護天節2014 イアリ・バード 不可
エッグハント2014 エッガー・バード 可能
プリンセスデー2014 菱餅 可能
星芒祭2013 スターライト・バード 可能

こうして見ると、ゴールドソーサーフェスティバル2016辺りからアイテムの取引不可が続いているようですね。

もう2年半はこの状態なので、これからのシーズナルアイテムも取引不可の傾向は続きそうです。

ところで余談ですが、マーケット取引可能なアイテムは入手不可の影響かとんでもなく高値になっているものあります。

数百万ギルで取引されるアイテムもあるので、リテイナーに預けているアイテムを見直すと高価なアイテムが眠っているかもしれないですね(一応課金アイテムになっているとは思いますが、ゲーム中で入手不可のアイテムなので出品するかどうかは慎重にお願いします)。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    過去のシーズナルのものもその後にモグステで再販されるようになったのでその影響なんでしょうかね?

    • ハチメン より:

      おそらくそうだと思います。
      月額料金を払っているプレイヤーは参加してアイテムを入手して、その頃プレイしていなかった人は代わりに課金アイテムを買ってくださいという方針なのだと思います。