【FF14】零式を初クリアしたギャザクラ勢による詩人初心者講座 9(クイックノック・「レイン・オブ・デス」・ロールアクション)【紅蓮編】

ギャザクラ勢がお送りする詩人講座第9回です。

今回はクイックノック・「レイン・オブ・デス」・ロールアクションに注目してみます。

スポンサーリンク

詩人初心者講座9

クイックノック・「レイン・オブ・デス」は範囲攻撃のスキルですね。

また、その他のアクションとしてロールアクションにも触れてみます。

吟遊詩人バトルアクション
https://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/bard/

クイックノック・「レイン・オブ・デス」

どちらも範囲攻撃ではありますが、かなりスキル内容が違っているので、使い分けが大切になります。

・クイックノック

対象に向かって前方扇範囲物理攻撃。
威力:110

クイックノックは扇型の範囲攻撃を行うスキルとなっています。

ただ、射程が12mであり、自身から12m先までの攻撃となっているので、敵に近づかないと当たりません。

通常の射程が25mであることを考えると半分以下の射程なので、かなり近づく必要があります。

しかし、扇型なので近づきすぎると複数の敵に当てる時に漏れるケースが出てくるので、連打する際はちゃんと当たっているか確認しながら使った方がいいですね。

・「レイン・オブ・デス」

対象とその周囲の敵に範囲物理攻撃。
威力:100
リキャストタイマーを「ブラッドレッター」と共有する。

一方、レイン・オブ・デスは円形の範囲攻撃となっています。

クイックノックとの違いは効果範囲となります。

クイックノックは自身から12m先までが射程となりますが、レイン・オブ・デスは敵に向けて攻撃を放ち、その着弾地点から8mの円形の範囲で範囲攻撃を行うものとなっています。

分かりやすく言うと、クイックノックは前方に槍を振り回すイメージ、レイン・オブ・デスは遠くの敵に槍を投げてその地点が爆発したようなイメージ、という感じです。

そのため、距離だけで言うなら近くの集団にはクイックノック、遠くの集団にはレイン・オブ・デスを使うということになりますが、スキルの特性上、結局は敵の集団に近づくことになります。

それは何故かと言うと、連打できるかどうかの違いがあるからですね。

クイックノックはウェポンスキルなので、連打をすることが可能です。

一方、レイン・オブ・デスはインスタントスキルなので、一度使うとリキャストタイムが15秒発生してしまいます。

敵の集団に対して範囲攻撃を繰り返すにはクイックノックを使うしかないので、結局は集団に近づくわけですね。

ただ、レイン・オブ・デスは賢人のバラード中だとリキャストタイムをリセットする効果が発生するので、この歌の時は連発を狙うことも可能です。

事前にストームバイトを付与するなど、集団戦に突入する時は下準備をしておけばいいですね。

ロールアクション

ロールアクションはタンク・ヒーラー・近接DPS・遠隔魔法DPS・遠隔物理DPSでそれぞれ用意されたアクションのことです。

現パッチ(4.3)では複数ある中から5個しか使えませんが、パッチ4.4では10個使えるようになる予定です。

そのため、全アクションの効果を把握しておいた方がいいですね。

・内丹

自身のHPを回復する。
回復力:500
回復力は物理攻撃力に依存する。

割と侮れない回復量を持っています。

いざという時に使うとピンチを切り抜けられることがあるので、ヤバいと思ったら使う発想を持っておけばいいですね。

・フットグレイズ

対象にバインドを付与する。
効果時間:10秒
実行後にオートアタックを停止する。

通常の戦闘ではあまり役に立ちませんが、エウレカなどの一部のコンテンツでは活躍するスキルです。

バインドは足止めするだけなので、逃げる時や距離を取りたい時に使います。

・レッググレイズ

対象に40%ヘヴィを付与する。
効果時間:10秒

こちらも基本は逃げる時に使えばいいと思います。

・プロトン

自身と周囲のパーティメンバーの移動速度を上昇させる。
戦闘状態に入ると効果が切れ、かつ戦闘状態では効果がかからない。
効果時間:30秒

IDなどの移動に役立つスキルです。

戦闘中は効果がないことに注意ですね。

・気合

自身のTPを400回復する。

ペロってから復活した時、タクティシャンが使用済の時、クイックノックを連打した時などに役立つと思います。

・ヘッドグレイズ

対象に沈黙を付与する。
効果時間:1秒

詩人の大事な仕事の1つです。

詠唱系のスキルを止めることができるので、ボス戦などの特定のスキルに合わせて使えばいいと思います。

分かりやすいのがキマイラの○○の咆哮などですね。

後はシグマ零式3層のストンスキンなど沈黙必須のケースもあります。

・アームグレイズ

対象をスタンさせる。
効果時間:2秒

ボス戦などでは使用を控えた方がいいスキルです。

スタンは相手の行動をキャンセルさせることができるのでかなり有効なスキルなのですが、スタンは耐性が付いて効かなくなることがあるので、基本的にはスタンのタイミングはタンクに任せます。

雑魚戦ならそれほど気にせずに使っていってもいいと思います。

・パリセード

パーティメンバーひとりを対象として、被物理ダメージを20%軽減する。
効果時間:10秒
自分にかけることはできない。

リキャストタイムが150秒と長いですが、物理ダメージ20%軽減はかなりの効果です。

エウレカだと間違ってタンクが複数の敵に絡まれた時、零式などのボス戦だと強大な攻撃に合わせてなど、ここぞという時に効果を発揮すると思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 名無しの出品者 より:

    レンジの各種アクションのうち、アームグレイズのみ射程が5mと短くなっています
    ロールアクションが全てセットできるようになったことにより、レンジがスタン役を担う場面が来るかもしれません
    あれ?スタンできない!?ポチポチポチポチ
    なんてことにならないようご注意を

    • ハチメン より:

      あっ、本当だ・・・。
      バインドやヘヴィは射程が25mなのに、スタンは射程が5mしかないんですね。
      確かにギミックの処理でタンクがボスから離れることになって、そこに詩人がスタンを撃ち込むなんてケースも出るかもしれないことを考えると、各アクションの射程距離を見直した方が良さそうですねえ。