【FF14 ギャザクラのすすめ】3.クラフターのステータス

もっとギャザクラ人口を増やしたい。

ということで、ギャザクラ初心者向けの記事をどんどん書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ギャザクラのすすめ クラフターのステータス

クラフターは戦闘職と違って気にするステータスが違うので、まずはそこに注目します。

実はクラフターはたった3つのステータスしかありません。

作業精度
加工精度
CP

HPもMPも一切関係ないのがクラフターのステータスとなっています。

その代わり、戦闘職のステータスは高いほどいいと考えたりしますが、クラフターのステータスは○○以上でなければ製作自体ができないなどの条件が存在します。

ただ、最初はそこまで気にする必要はないので、まずはレベルを上げて徐々に装備更新をしていけばいいということになります。

作業精度

作業精度は工数を進める時に重要となる数値です。

簡単に言うと「アイテムを完成させる力」が作業精度だということになります。

この数値が高ければ高いほど、少ない作業回数でアイテムを完成させることができます。

詳しくは次回の記事で説明しますが、この画像の工数の所が満タンになるとアイテムが完成するようになっています。

作業精度が低いとここの数値が全然上がらなくなり、何度も「作業」を行う羽目になります。

そのため、アイテムを完成しやすくさせるために作業精度を上げていくことが必要です。

加工精度

加工精度の説明に入る前に、NQHQについて少し触れておきます。

FF14のアイテムにはNQ(ノーマルクオリティ)とHQ(ハイクオリティ)の2種類が存在し、HQの方が性能が良いということになります。

例えば、ポーションなら同じNQとHQでもHQの方が回復量が多いですし、装備品ならHQの方がステータスが高くなります。

つまり、どうせ使うならHQの方がいいのですね。

クラフターはこのHQアイテムを作り出すことこそが役目といってもいいと思います。

再び画像に注目すると、HQ率という項目があると思います。

これはアイテムを完成させた瞬間にそのアイテムがHQ品になる確率を表しています。

画像では1%となっているので、このままアイテムを完成させてもHQ品になることはほぼあり得ないということですね。

そこで、HQ率を少しでも上げるために「加工」によって品質を上げていきます。

この「品質を上げる力」が加工精度なのです。

言い方を変えると「HQ率を上げる力」ということでもあります。

アイテムを完成させるだけなら作業精度さえあればいいですが、アイテムはHQ品を作らないと意味がないので、HQ品を作るためにも加工精度を上げていくということになります。

CP

CPとは様々なスキルを使う時に消費するポイントのことです。

戦闘と違い、製作を行う時には必ず満タンの状態からスタートすることができます。

ただ、同じく戦闘と違って、時間経過でCPは回復することがありません。

そのため、スキル1つ1つを計算しながらCPを消費していくことになります。

最初はスキルが少ないために使い切ることはあまりないですが、スキルを覚えていくにしたがって、このCPをうまく使いこなさないと徐々に製作が厳しくなります。

特に、

・耐久を回復するスキル

・耐久の消費を抑えるスキル

・成功率100%のスキル

・加工精度を一時的に上げるスキル

・工数を一気に減らすことができるスキル

・失敗しても材料が戻ってくる確率が上がるスキル

などなどスキルの種類はたくさんあるので、これらをうまく使いこなすことでHQ率100%を狙うことが充分可能です。

たくさんスキルを使うためにもCPを上げる必要があります。

ステータスの上げ方

要するに、どのステータスも大事だということですね。

ではステータスの上げ方ですが、基本的には装備を更新することで数値が上昇します。

左防具が作業精度や加工精度、アクセサリがCPを上げるといった感じです。

戦闘とは違いソロコンテンツなので、レベルが上がる度に更新しなければいけないというわけではないですが、更新すれば楽に製作できるようになるので、できれば適度に更新していった方がいいですね。

また、食事をすることでも一時的にステータスを上げることができます。

戦闘はレイドなどの一部コンテンツに使うことが多いですが、クラフターの場合はほぼ常用した方が何かと便利です。

調理師のレベルを上げれば自作もできるようになるので、同時に狙っていけばいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする