【FF14 金策】集める価値があるのか採集手帳のアイテムを1つ1つ解説 採掘師Lv6~10(パッチ4.18版)

採集手帳に載っているアイテム1つ1つに注目して、このアイテムを集める価値があるのかどうかを解説しています。

今回は採掘師の採集Lv6~10で採れるアイテムです。

スポンサーリンク

採掘師 採集Lv6~10

錫鉱

西ザナラーン/中央ザナラーン など

ブロンズインゴットの材料です。

ブロンズインゴットは多くのアイテムの素材として使われているアイテムですが、残念ながら錫鉱もブロンズインゴット自体も店売りしているため、錫鉱を集める必要性はないですね。

サンストーン原石

低地ラノシア

サンストーンの材料です。

サンストーンは店売りしていませんし、サンストーン原石は店売りしていますが68ギルと少し高めなため、集める理由はあります。

ただ、サンストーンを使うレシピは数えるほどしかありませんし、作れる装備品も特に需要があるわけではないので、結局は集めても稼ぐのは難しいと思います。

ラピスラズリ原石

北部森林

ラピスラズリの材料です。

内容はサンストーンとほぼ同じですね。

原石は店売りしていますが、加工後のラピスラズリは店売りしていません。

レシピがサンストーンより少しだけ多いので、出番も少しだけあるといった感じですが、それでもほとんど変わらないと思います。

枯骨

西ザナラーン/中央ザナラーン など

複数の装備の材料です。

店売りアイテムですし、作れる装備も数個程度なので、集める必要性はほぼありません。

亜鉛鉱

西ザナラーン/中央ザナラーン など

ブラスインゴットの材料です。

亜鉛鉱は20ギルで販売されていて、加工後のブラスインゴットは68ギルで販売されています。

どちらも店売りしているアイテムですが、ブラスインゴットは多くのアイテムの材料となっているため、ある程度需要があります。

店売りの価格も微妙に高めなので、このレベル帯の中では比較的集める意味があるアイテムだと思います。

黒曜石

西ザナラーン

エルムマクアフティルなどの材料です。

このレベルの割には、黒曜石を使用するレシピはたった2つしかありません。

店売りもしているアイテムですし、集める必要性はほぼないですね。

粘土

北部森林

様々な調度品の材料となっています。

粘土を材料として加工できるアイテムにルーフタイルや煉瓦があり、内壁であるマッドインナーウォールといったアイテムの材料にもなっています。

扱う調度品の種類も多いので、集めるのもアリなアイテムですね。

ただ、実は錬金術師のギルドショップにのみ販売されています。

そのため、買いに行く方が安いのですが、錬金術師のギルドショップは遠くてしかも気づかれにくい場所なので、マーケットで購入するプレイヤーもいます。

そういったプレイヤーにうまく売ることができれば、ほんの少し稼げそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする