【FF14】吟遊詩人のPvPスキル・88フィーストの立ち回り(パッチ4.11版)

まずは個人的メインジョブである吟遊詩人から始めてみます。

フィーストでの吟遊詩人の特徴はこんな感じです。

・DPSトップクラスの総合ダメージ

・ノックアウトやアシストを取りやすい

・距離減衰がないためあらゆる距離で攻撃可能

・耐久力が低くノックアウトされやすい

敵味方が動き回るフィーストで、あらゆる距離から常に攻撃できるため、攻撃能力は相当高いです。

その代わり、集中砲火を浴びればすぐに陥落してしまう脆さも持っているので、立ち回りはかなり重要となっています。

スポンサーリンク

解説

スキル

詳しいスキル説明はこちらをご覧ください。
http://jp.finalfantasyxiv.com/jobguide/bard/#pvp

WS・・・ウェポンスキル
AB・・・アビリティ

-簡易表-

スキル名 種類 威力 TP 効果
ヘヴィショット WS 500 コンボI・コースティックバイト付与時に実行で詩心追加
ストレートショット WS 1000 コンボI・ストームバイト付与時に実行で詩心追加
コースティックバイト WS 250 コンボII・250の継続ダメージ
ストームバイト WS 500 コンボII・200の継続ダメージ
エンピリアルアロー WS 1000 250
リペリングショット AB 500 300 10m後方へ飛び退く
ブラットレッター AB 750 歌使用時にピッチパーフェクトや乱れ撃ちに変化
サイドワインダー AB 250 バイト系付与1:威力750、付与2:威力1250
ブラントアロー AB 相手を沈黙させる
旅神のメヌエット AB 500 旅神のメヌエット付与状態になる
勇戦のマーチ AB 自身と周囲のMP・TPを25%回復スキル削除
トルバドゥール AB 500 自身と周囲に追加効果、旅神時:与ダメージ5%上昇・軍神時:被ダメージ5%軽減
ピッチパーフェクト AB 500 詩心2:威力1250、詩心3:威力2000
乱れ撃ち AB WSを3回連続で発動させる
軍神のパイオン AB 500 軍神のパイオン付与状態になる

・詩心

詩心をためて戦うというのはPvPでも変わらないのですが、詩心の付与の仕方がPvEと変わっていることに注意です。

PvPでは「コースティックバイトを付与している相手にヘヴィショットを打つこと、またはストームバイトを付与している相手にストレートショットを当てる」ことで詩心が増えます。

継続ダメージでは詩心はたまらないので、バイト系を付与しながら逃げ回るだけでは詩心はたまりません。

・旅神のメヌエット

そして、2種類の歌の使い分けも重要です。

旅神のメヌエットはピッチパーフェクトが使えるようになります。

詩心1 威力: 500
詩心2 威力:1250
詩心3 威力:2000

詩心1の威力は500なのですが、これはヘヴィショットと同等なので、使う価値は全くありません。

詩心2の威力も悪くはないですが、どちらかと言えば歌の効果が切れそうな時に仕方なく使うという感じだと思います。

詩心3の威力は2000となっていて、詩人の全スキルで最高の攻撃力となっているため、基本は詩心を3までためてピッチパーフェクトを使うようにします。

・軍神のパイオン

もう1つの歌が軍神のパイオンです。

PvPの詩人は旅神のメヌエットと軍神のパイオンを交互に使うようになっています。

それぞれの歌の効果が30秒、リキャストが25秒なので、どちらも充分間に合いますね。

軍神のパイオンは詩心がたまるごとにウェポンスキルのキャストタイムとリキャストタイムを5%短縮させることができます。

これは意外と強力な効果で、上の簡易表を見れば分かりますがヘヴィショットとストレートショットはTPの消費がありません。

歌の効果が切れるまで高速でヘヴィショットとストレートショットを打ち続けられるので、蓄積するダメージはかなりのものとなります。

・乱れ撃ち

さらにもう1つ重要なスキルが乱れ撃ちです。

乱れ撃ちは軍神のパイオン実行時のみ使うことができ、WSを3回連続で打てるようになります。

エンピリアルアローは威力1000なので、組み合わせれば合計威力3000のダメージを与えることができ、詩人の攻撃の中で最大ダメージを与える組み合わせとなります。

旅神のメヌエットも軍神のパイオンもどちらも強力な攻撃ができるようになっているので、戦闘中は必ずどちらかの歌を歌い続けることになります。

ちなみに・・・実はPvPの場合、エンピリアルアローとストレートショットの威力は同じなので、乱れ撃ちはストレートショットと一緒に使っても構いません。

しかもストレートショットならTPを消費しないので、むしろそっちの方がいいくらいです。

ただ、ストレートショットはコンボでしか出現しないスキルなので、即撃ちたいならエンピリアルアロー、TPを節約したいならストレートショットと一緒に乱れ撃ちを使えばいいと思います。

・リペリングショット

回避技ですが、使うのはかなり難しいです。

詩人はTPの管理が大変で(後述)、できればこのスキルを使わない立ち回りを目指した方がいいと思います。

・ブラットレッター

歌を歌っている最中はピッチパーフェクトや乱れ撃ちにスキルが変化するため、基本は使用しません。

歌が切れた合間合間にちょっと使うくらいだと思います。

・サイドワインダー

バイト系の付与数によって威力が変化します。

付与0 威力: 250
付与1 威力: 750
付与2 威力:1250

付与0はあまりにも威力が低すぎるので使う意味はありません。

付与1でもきびしいですね。

付与2でエンピリアルアローよりちょっと強いくらいとなっています。

ただ、どんな状況でも使うことができるので、相手へのトドメとしてはかなり有効なスキルとなっています。

・ブラントアロー

沈黙を付与します。

ヒーラーの詠唱を止めるなどの役割ができますね。

・勇戦のマーチ

詩人の大事な仕事であるTP・MPを回復させるスキルです。

特にフィーストはヒーラーのMPがすぐに欠乏してしまうので、ヒーラーのMPを随時チェックしながら使う必要があります。

ただ、リキャストタイムが120秒とちょっと長いので多用はできません。

それに周囲のメンバーしか回復しないのでヒーラーに近づいて使う必要があります。

このスキルは削除されたため、現パッチでは使用できません。

・トルバドゥール

自身と周囲のパーティメンバーを強化するスキルです。

歌の効果中に使用することができ、旅神のメヌエット時は与ダメージを5%上昇させる効果を、軍神のパイオン時は被ダメージを5%軽減させる効果となっています。

基本は旅神のメヌエットの時に使うのがいいと思います。

ただ、バースト前に使うとかなりバレバレになってしまうので、使うタイミングをずらしたり、状況によっては軍神時に使用したり、いろいろ工夫できると思います。

詩人の立ち回り

・基本

まず、詩人は基本的に後方で攻撃を繰り返し、なるべく前に出てはいけません。

耐久力が低いため、集中砲火を浴びるとすぐに沈みます。

相手もそれが分かっているので、詩人は目につくとすぐに攻撃される傾向があります。

なるべく相手の目につかない位置で攻撃し続けることが重要です。

そうしてずっと攻撃できる態勢を作り、総ダメージを積み重ねます。

また、距離減衰なく遠距離攻撃がキャストなしで攻撃できるというのは大きな強みなので、逃げた相手にトドメを刺すことにも優れています。

基本は味方が攻撃している相手に援護射撃をし、HPがヤバくなって逃げた相手を追いかけてノックアウトさせるというのが、詩人ができる大きな仕事だと思います。

ただ、前に出ればそれだけ危険が増すので、どこまで攻め入るかの見極めが大切です。

・歌

旅神のメヌエットも軍神のパイオンも強力な攻撃ができるようになるので、必ずどちらかの歌を歌い続けるようにします。

旅神のメヌエットは詩心を3つまでためてピッチパーフェクトを打つ、軍神のパイオンは詩心を4つまでためて高速攻撃をできるようにする、基本はそれでいいですね。

ただ、スキル説明にも書きましたが、PvPではバイト系を付与している相手にヘヴィショットなどを当てることで詩心がたまるようになっています。

バイト系を撒いて戦うより、特定の相手を集中して攻撃し、詩心をためるようにした方がいいと思います。

・TP管理

詩人が苦労するのがこのTP管理です。

というより、エンピリアルアローをどう使うかということですね。

エンピリアルアローは威力1000の攻撃をいつでも打てるので、かなり強力なスキルなのですが、TP消費が250と多めです。

しかもリキャストタイムが5秒なのですぐ打てるようになり、調子乗って使っているとすぐにTPが枯渇します。

せっかくトドメにも使えるのに肝心なところで使えないというのは非常にまずいので、エンピリアルアローの使う頻度をコントロールすることが大事です。

奮起を使ったり、軍神のパイオンを回復タイムに充ててもいいと思います。

・攻撃対象

倒すときに優先すべきロールは何かというのは難しいです。

どの距離からでも攻撃できる分、攻撃力はやや低めとなっているため、詩人単体で攻撃をし続けてもなかなか相手を落とすことができません。

基本は味方が攻撃している相手を一緒に攻撃するのがいいですね。

そうして逃げた相手にさらに追い打ちをかければ、ノックアウトを取ることもできます。

しかも、瞬間火力を出すことにも優れているので、スキルを組み合わせればHPが減っている相手を一気に落とすことも可能です。

また、ヒーラーを妨害する役目を担ってもいいと思います。

ヒーラーは敵陣の奥の方にいることが多いので、離れたところからヒーラーを攻撃することができます。

ヒーラーのHPを減らして焦らせることもできますし、ブラントアローで回復を止めたりもできます。

対詩人の戦い方

相手にすると非常に厄介なので、HPが低く脆いという点を突くしかありません。

戦いが白熱するとつい前に出てきてしまうことがあるので、そこを逃さずノックアウトを取るしかないですね。

近接DPSは詩人を攻撃しつつ、うまく誘い出すことができればいいと思います。

ただ、詩人の攻撃範囲はかなり広いので、逃げる時はしっかり逃げないと追い打ちを食らってしまいます。

詩人に狙われていると感じたら奥に逃げて誘い込む、これが基本的なやり方だと思います。

アディショナルアクション

個人的におすすめなのが奮起と疾走です。

TPが足りなくなることが多いので、火力アップのためにも奮起は必要です。

疾走は攻防で役に立ちます。

逃げた相手に追い打ちするのに使ってもいいですし、敵陣から逃げ出すために使ってもいいです。

基本は後方で戦うので快気・浄化・堅守辺りはあまり使わないと思いますが、あとは自分のプレイスタイルに合わせて選択すればいいと思います。

PvP特性

与ダメージアップ、行動速度アップ、TP自然回復アップ辺りがいいですね。

元々のHPが低いため、あまり防御面を強化しても仕方がなく、だったら立ち回りを工夫して生き残るようにして、攻撃面を強化した方がいいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする