FF14 金策の手引き 【7】 拡張版実装時の動き方 前編

2017年6月20日に新たな拡張版「紅蓮のリベレーター」が実装されます。(アーリーアクセスの人はもう少し早くプレイできますが)

こういった拡張版の実装は金策において最大のチャンスの1つです。

新アイテム、新エリア、新コンテンツなど新たに実装されるもので稼げる可能性が高いからですね。

その量はいつもの大型パッチの比ではないので、様々なところに稼ぐチャンスがあります。

そこで、拡張版実装時にはどういう行動を取ればいいかをまとめてみます。

スポンサーリンク

拡張版実装時の動き方 前編

今回はちょっと量が多いので、前編と後編に分けてみます。

前編ではなぜ拡張版の実装が稼げるかについて、後編では稼ぐためにどういった行動をすればいいかを扱います。

それでは、なぜ拡張版の実装が稼げるかについて述べてみます。

多数の新アイテムが実装される

FF14の金策の基本は、新アイテムで稼ぐということですね。

拡張版は多数の新アイテムが追加されるので、それだけ稼ぐチャンスが出てくるということになります。

例えば、今までの大型パッチにはこういった新アイテムが実装されてきました。

これらは今より強力な装備、今より強化された料理などの材料となっていますし、装備や料理自体も新アイテムとなっています。

FF14は装備などをどんどん更新していくゲームなので、装備を更新するための材料や装備自体に毎回需要があるわけですね。

新コンテンツに対応するために新装備が必要になってくるので、プレイヤーはどうしても装備や材料が欲しくなるのです。

しかも拡張版は上限レベルが上がるため、レベリングによって装備更新をしていくタイミングが通常より多くなっています。

もしイシュガルドと同じようにレシピが追加されるなら、レベル62、64、66、68、70で戦闘用装備がそれぞれ追加されるので、そのタイミング全てで稼げる可能性があります。

ただ、クエストの報酬で装備品がもらえたり、IDでの装備品が入手しやすくなっているという話もあるので、出品すれば必ず売れるかというとそれは分かりません。

拡張版をプレイしてみて装備の入手状況がどうなっているかで判断した方がいいと思います。

また、装備品に限らなくても素材そのものでも充分稼ぐことは可能です。

クラフターは稼ぐために一気にレベリングしたいと考えているので、素材を集めるヒマがないわけですね。

そういったクラフターに向けて出品するだけでも稼ぐことができます。

新コンテンツに挑むためのアイテム、レベリングするためのアイテム、そういった新アイテムが多数追加されるため、拡張版は稼げるということになります。

拡張版の勢いと寝不足で判断が鈍る

拡張版が稼げる理由はまだあります。

どういうわけか、拡張版というのは不思議な熱量みたいなものが存在します。

ゲームを進めても進めてもどんどん新コンテンツが出てきて、早く進めたいという焦燥感に駆られるようなそんな感じですね。

そんな時はプレイヤーの判断力が鈍ります。

ちょっと高めに出品されている装備品や素材をついつい買ってしまうのです・・・。

あと少しILが上がったら次のIDに行ける、あと少し素材があったらクラフターのレベルが上がる。

普段ならもう少し我慢できることも、拡張版の勢いのせいで買ってしまうことになります。

そして、拡張版をプレイしているプレイヤーはだいたい寝不足です。

それがさらに判断力を鈍らせて、装備や素材を買ってしまう。

いまいち価値が分からないアイテムもなぜか買ってしまう。

新アイテムだけどそんなに高くないからついつい買ってしまう。

こういった拡張版の不思議な魔力が判断力を鈍らせてマーケットのアイテムを買ってしまうので、稼ぐことができます。

落ち着いてくるとこの傾向も弱まるので、実装されて1~2週間が勝負ですね。

ゲームの進行度の違いを利用できる

また、拡張版と普段のパッチとの大きな違いが、プレイヤーによってゲーム進行度に大きな差が出来てしまうということです。

普段なら装備の更新はどのプレイヤーもほとんど同じタイミングで行っていきますし、行けるコンテンツも差はできません。

しかし拡張版はレベルとストーリーの差というものがあるので、プレイヤーによってレベルの差や装備の差、アイテムとの遭遇の差が生まれるのです。

要するに、先に進んでいるプレイヤーはいろいろな面で優位に立つことができるわけですね。

先に新エリアにたどり着いて、ほとんどのプレイヤーがまだ目にしていない新アイテムを集めることができますし、クラフターならより強力なアイテムを作ることができます。

そうして後から来たプレイヤーに新アイテムを売ることで、早く追いつきたい、よく分からないけど強そうだから欲しいといったプレイヤーから稼ぐことができるわけですね。

また、レベル差があれば装備品の作りやすさや素材の入手しやすさも変わります。

例えばレベル66になったクラフターがレベル62のギャザクラ装備を作ろうとすれば、レベル62当時よりHQ品が作りやすくなっているわけですね。

そうしてできたレベル62装備を後から来たプレイヤーに売ることができるのです。

ギャザラーが集める素材もレベル補正があるので、レベルを上げておけば獲得率が上がり入手しやすくなります。

モンスターからドロップする素材も同じ理由ですね。

こういったレベル差などによって稼ぐことができるので、これは拡張版だけに存在する大きな強みだと思います。

紅蓮にたどり着くプレイヤーもこれからまだまだ増えるので、しばらくはこのレベル差を利用して稼ぐことができます。

ただ、どんどんストーリーを進めていくのもゲーム体験的にちょっともったいないという考え方もできるので、絶対に稼ぎたいという想いがないのであれば、マイペースで進めるのもいいと思います。

以上が拡張版で稼げる理由ですね。

新アイテムやレベル差など、拡張ならでは理由で稼ぐことができます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする