【FF14 金策】 ちょっとした・微妙な金策 -2-

今回もちょっとした、もしくは微妙な金策を集めてみます。

単純に1つの記事にするには微妙だったり、短すぎたり、そういったものを集めた金策集になっています。

今回はオーケストリオン譜をテーマにしてみました。

オーケストリオン譜はコレクション要素があるので、稼ぐチャンスがあります。

特に、今は拡張までヒマをしているプレイヤーもいるので、オーケストリオン譜を集めようと考えるプレイヤーに売ることができます。

スポンサーリンク

解説

古びた譜面を加工

オーケストリオン譜は素材用の古びた譜面と、完成品のオーケストリオン譜の2種類があります。

そこで、古びた譜面を加工して完成品にして売るということを狙ってみます。

割と当たり前のやり方に思えますが、意外と完成品だと高値で売れるケースがあります。

戦闘勢が古びた譜面をそのまま売ったり、加工するのが面倒でそのまま売ったり、それらが繰り返されて値崩れしている場合があるわけですね。

古びた譜面とオーケストリオン譜の値段の差が激しいものほど稼ぐことができます。

↑ちなみに必要な材料などはこちらを確認してください。

マハ古銭・大判マハ古銭

マハ古銭はヴォイドアーク、大判マハ古銭は禁忌都市マハをクリアすることでもらえるアイテムです。

これらのアイテムは装備の強化素材と交換することができるのですが、稼ぐやり方があります。

マハ古銭と大判マハ古銭はイディルシャイアでオーケストリオン譜と交換することができます。

・マハ古銭

オーケストリオン譜:エーテル圏
オーケストリオン譜:ヴォイドの棺

・大判マハ古銭

オーケストリオン譜:雨と涙に濡れて
オーケストリオン譜:幾千の顔

これらのオーケストリオン譜はマーケットに出品可能なので、稼ぐチャンスがあります。

特に、マハ古銭系は強化素材に使うためになかなかオーケストリオン譜に交換する余裕がないプレイヤーもいると思うので、そういったプレイヤーが買ってくれる可能性があります。

ディープダンジョン「死者の迷宮」

ディープダンジョンで入手できるゲルモラ土器片はオーケストリオン譜と交換することができます。

その中で注目なのが「トイレに行けない夜」と「死亡報告」です。

これらのオーケストリオン譜はディープダンジョン150階と200階をクリアすることで交換可能となるのですが、ここにチャンスがあります。

まず、150階や200階のクリア自体が難しいことです。

100階以降は固定パーティでしか行けないので、クリアしていないプレイヤーが多いと思います。

しかも難易度は相当高く、挑戦したからといってクリアできるわけではありません。

このハードルの高さを考えると稼げる可能性があります。

ただ、逆に言えば200階までクリアする実力が必要で、しかもゲルモラ土器片の必要数も多いです。

いろいろ下準備が必要なので、実際に金策として使うのは難しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする